[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

永峰咲希、無症状だったコロナ陽性の隔離期間中に復調の転機「やっぱり素振りは大事」

国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース第2日が30日、千葉・浜野GC(6660ヤード、パー72)で行われた。16位から出た永峰咲希(ニトリ)は、3バーディー、ボギーなしの69で回って通算4アンダー。首位に4打差の5位につけた。今季は調子が上がらず、地元宮崎県開催の第4戦アクサレディスを新型コロナウイルス感染で欠場。だが、無症状だったことで隔離期間中に素振りを繰り返し、復調のきっかけをつかんだことを明かした。首位は通算8アンダーのテレサ・ルー(太陽生命)、2位は通算6アンダーの西郷真央(島津製作所)。史上3人目の初優勝から2週連続Vを狙う高橋彩華(東芝)は通算5アンダーで3位につけている。

パナソニックオープンレディースに参戦中の永峰咲希【写真:Getty Images】
パナソニックオープンレディースに参戦中の永峰咲希【写真:Getty Images】

国内女子ゴルフ・パナソニックオープンレディース第2日

 国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース第2日が30日、千葉・浜野GC(6660ヤード、パー72)で行われた。16位から出た永峰咲希(ニトリ)は、3バーディー、ボギーなしの69で回って通算4アンダー。首位に4打差の5位につけた。今季は調子が上がらず、地元宮崎県開催の第4戦アクサレディスを新型コロナウイルス感染で欠場。だが、無症状だったことで隔離期間中に素振りを繰り返し、復調のきっかけをつかんだことを明かした。首位は通算8アンダーのテレサ・ルー(太陽生命)、2位は通算6アンダーの西郷真央(島津製作所)。史上3人目の初優勝から2週連続Vを狙う高橋彩華(東芝)は通算5アンダーで3位につけている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 永峰は突然、空いた1週間を有効に使っていた。地元で張り切っていたアクサレディス(3月25~27日)開幕の4日前、PCR検査を受けて陽性と判明。試合は欠場し、自宅での隔離が始まった。

 当初は「どう過ごせばいいのか」と思っていたが、無症状だったことで、クラブを握って部屋の中で素振りを開始。しばらく振って、スイング動画を見て、また振るを繰り返した。それが発見につながったという。

「まず、自分のリズムを確認できました。そして、重心位置も。私は前にいきがちなのですが、お尻で構えるようにしたら安定することに気づけました。やっぱり、素振りは大事です。あと、隔離中はハリーポッターを全部、見ることができました。楽しかったです」

 無症状は続き、翌週のヤマハレディースオープン葛城から復帰。以降も上位には絡めなかったが、素振りは継続して今週になって復調のきっかけをつかんだ。そして、「地元の方は、体調が悪くて、私の成績が悪いと思われているかもしれないので、『元気ですよ』ということを報告できるように、(最終日を)頑張りたいです」と意気込んでみせた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集