[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ史上3人目の偉業かかる高橋彩華、3位後退も前向き「真央は安定してますが…」

国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース第2日が30日、千葉・浜野GC(6660ヤード、パー72)で行われた。2位から出た高橋彩華(東芝)は1バーディー、1ボギーの72で通算5アンダー。首位に3打差の3位に後退した。強く冷たい風に悩まされたが、スコアを落とさなかったことで、史上3人目となる初優勝からの2試合連続優勝のチャンスを残した。首位は通算8アンダーのテレサ・ルー(太陽生命)。2位には通算6アンダーの西郷真央(島津製作所)がつけている。

パナソニックオープン、通算5アンダーで3位に後退した高橋彩華【写真:Getty Images】
パナソニックオープン、通算5アンダーで3位に後退した高橋彩華【写真:Getty Images】

国内女子ゴルフ・パナソニックオープンレディース第2日

 国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース第2日が30日、千葉・浜野GC(6660ヤード、パー72)で行われた。2位から出た高橋彩華(東芝)は1バーディー、1ボギーの72で通算5アンダー。首位に3打差の3位に後退した。強く冷たい風に悩まされたが、スコアを落とさなかったことで、史上3人目となる初優勝からの2試合連続優勝のチャンスを残した。首位は通算8アンダーのテレサ・ルー(太陽生命)。2位には通算6アンダーの西郷真央(島津製作所)がつけている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 最終18番パー5。高橋が7メートルのバーディーパットを決めた。夕暮れの西日を受けながらの笑顔。ラウンド後は「うまく届いたら入るかもと思っていました。惜しいパットが多くて、紙一重で我慢のゴルフでした。風に悩まされました」と振り返った。

 本人いわく、「風よりも雨の方が得意」。それでもスコアを落とさず、「ショットも悪くなかった」ことをプラスにとらえている。前週はフジサンケイレディスクラシックでツアー初優勝。10度目の最終日最終組での悲願達成だったが、今大会の最終日は、最終組手前の組になった。

 それも前向きに受け止めて、「先週までよりは心は軽いですね。明日は雨が降って風も吹く予報ですが、(2位の西郷)真央は安定していますが、自分の納得できるゴルフができれば、いい優勝争いができると思います」と言った。

 西郷に負けず劣らずの安定したプレーとメンタル。狙うは、西田智慧子(90年)、表純子(05年)に続く初優勝からの2試合連続優勝だ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集