[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

V1谷口将隆「試合をすればノーサイド」 超過の石澤開を気遣う「罰則がある。それで禊は終わり」

ボクシングのWBO世界ミニマム級(47.6キロ以下)タイトルマッチが22日、東京・後楽園ホールで行われ、王者・谷口将隆(ワタナベ)が挑戦者の同級5位・石澤開(M.T)に11回2分29秒TKO勝ちして初防衛に成功した。前日計量で2.3キロの大幅な体重超過を犯した相手を撃破。自身は47.6キロの一発クリアで不利な状況だった。試合後は「試合をすればノーサイド」と強調した。戦績は28歳の谷口が16勝3敗、25歳の石澤が10勝2敗。観衆は1495人。

WBO世界ミニマム級、初防衛に成功した谷口将隆(左)は試合後に石澤開を気遣った【写真:浜田洋平】
WBO世界ミニマム級、初防衛に成功した谷口将隆(左)は試合後に石澤開を気遣った【写真:浜田洋平】

WBO世界ミニマム級タイトルマッチ

 ボクシングのWBO世界ミニマム級(47.6キロ以下)タイトルマッチが22日、東京・後楽園ホールで行われ、王者・谷口将隆(ワタナベ)が挑戦者の同級5位・石澤開(M.T)に11回2分29秒TKO勝ちして初防衛に成功した。前日計量で2.3キロの大幅な体重超過を犯した相手を撃破。自身は47.6キロの一発クリアで不利な状況だった。試合後は「試合をすればノーサイド」と強調した。戦績は28歳の谷口が16勝3敗、25歳の石澤が10勝2敗。観衆は1495人。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 谷口が勝ち切った。打ち終わりにカウンターを入れるなど、終始ペースを握る展開。左ボディーを受ける場面も目立ったが、ダメージを与え続け、11回に左を入れたところでTKO勝ちが決まった。終了後、「すみませんでした」と真っ先に謝罪に来た石澤に「もうこれからは謝らなくていいよ」と返し、肩を叩いた。

 リングインタビューでは「誰だって失敗する。失敗からの姿を見てほしい」とファンに要求し、拍手を浴びた。その後の取材では「一番、収まりの良いところに収まって良かった」と安堵の笑顔。気遣いを見せながらこう続けた。

「試合になったら、やるかやられるか。勝つことだけを考えた。(計量から)気持ちの整理はすぐにつきましたね。不安はあったけど、石澤選手は意図的に落とすような選手ではない。出稽古とかで会って人間性を知っている。(再計量までに)あと1キロ落としてほしかったのは正直な気持ちです。

 試合をすればノーサイドじゃないけど、僕も試合を受けたし、彼にはこれから罰則がある。もうそれで禊は終わるということ。こういうこと(体重超過)はボクシング、格闘技には隣り合わせのもの。次は我が身。試合をすればノーサイドです」

 19年9月の日本同級王座挑戦者決定戦で石澤に判定勝ち。今回は再戦となり「一撃がある選手だと前からわかっていた。相手に付き合うのではなく、いなす努力をして空いたところに打った」と説明した。

 石澤は前日計量で50.1キロ、2時間後の再計量で49.9キロと超過。午後5時半の当日計量は新たに設定された規定体重50.6キロでパスした。谷口は相手のパンチ力について「(影響は)感じなかった」と吐露。「自分にもいい経験になった。一回り成長できる」と笑顔で汗を拭った。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集