[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

体重超過の石澤開が引退示唆「計量前に引退しようと…」 怪我による調整不足が超過理由

ボクシングのWBO世界ミニマム級(47.6キロ以下)タイトルマッチが22日、東京・後楽園ホールで行われ、王者・谷口将隆(ワタナベ)が挑戦者の同級5位・石澤開(M.T)に11回TKO勝ちして初防衛に成功した。前日計量で2.3キロの大幅な体重超過を犯した相手を撃破。自身は47.6キロの一発クリアで不利な状況だった。石澤は引退の可能性も口にした。戦績は28歳の谷口が16勝3敗、25歳の石澤が10勝2敗。観衆は1495人。

WBO世界ミニマム級、谷口将隆に敗れ呆然とする石澤開【写真:浜田洋平】
WBO世界ミニマム級、谷口将隆に敗れ呆然とする石澤開【写真:浜田洋平】

WBO世界ミニマム級タイトルマッチ

 ボクシングのWBO世界ミニマム級(47.6キロ以下)タイトルマッチが22日、東京・後楽園ホールで行われ、王者・谷口将隆(ワタナベ)が挑戦者の同級5位・石澤開(M.T)に11回TKO勝ちして初防衛に成功した。前日計量で2.3キロの大幅な体重超過を犯した相手を撃破。自身は47.6キロの一発クリアで不利な状況だった。石澤は引退の可能性も口にした。戦績は28歳の谷口が16勝3敗、25歳の石澤が10勝2敗。観衆は1495人。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 石澤は何度も頭を下げた。左ボディーを打ち込むシーンもあったが、王者にいなされて及ばず。徐々に被弾シーンが目立ち、11回に左を受けてよろめいたところでレフェリーに止められた。四方の客席にお辞儀。谷口にも「すみません」と伝えたが、「もう謝らなくていいよ」と返された。

 試合後の取材では「まだまだ僕は世界戦のリングに断つ実力も資格もなかった」と振り返った。前日計量で50.1キロ。2時間後の再計量でも49.9キロとパスできず。午後5時半の当日計量は新たに設定された規定体重50.6キロでパスした。「計量に間に合わないと思った時は引退しようと思った。ただ、試合が決まってひとまずその気持ちを捨てた。明日からまた進退を考えます」と引退の可能性を口にした。

 まずは後援者などに謝罪に回る予定。日本ボクシングコミッションから処分を受けることになるが「自分は受け入れます」とした。

 今回は20日午前の練習で脱水による体調不良に。休息後の夜に再開したが、落としきれなかった。陣営の高城正宏会長によると、試合までの調整期間で足の怪我を負い、走れない状況が続いていたという。最後の水抜きは通常4キロだが、今回は6.4キロを要し、間に合わなかったという。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集