[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBで野手登板 独特すぎるフォームで投じる72キロ遅球が米話題「新しい守護神にして」

11日(日本時間12日)に行われた米大リーグのレイズ―アスレチックス戦で、大差がついたことによりレイズの外野手ブレット・フィリップスが投手としてマウンドに上った。捕手に正対したまま、左足もホームベース方向に向けるという独特過ぎる投球フォーム。米投球分析家が紹介すると、「新しいクローザーにしてくれ」などと米ファンの注目を集めている。

2回にライナーを好捕するレイズのブレット・フィリップス【写真:AP】
2回にライナーを好捕するレイズのブレット・フィリップス【写真:AP】

大差がついたレイズ、外野手フィリップスが登板

 11日(日本時間12日)に行われた米大リーグのレイズ―アスレチックス戦で、大差がついたことによりレイズの外野手ブレット・フィリップスが投手としてマウンドに上った。捕手に正対したまま、左足もホームベース方向に向けるという独特過ぎる投球フォーム。米投球分析家が紹介すると、「新しいクローザーにしてくれ」などと米ファンの注目を集めている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 目を引くフォームだ。8点差を付けられたレイズは、8回のマウンドに外野手のフィリップスを送った。昨年も1試合1イニングに登板しているが、この日は捕手に正対したまま、左足もホームベース方向に上げてそのまま踏み出すという独特な動きを見せた。球速は45マイル(約72.4キロ)前後。山なりのふんわりとしたボールだが、8回は併殺打を打たせるなど打者3人で終えた。

 9回には満塁弾を被弾するなど2回3安打4失点だったが、大差がついたゲームで投手を温存するための役割を果たしたフィリップス。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏はツイッターで動画を公開。「ブレット・フィリップスタニ。ピッチングレジェンド」と、二刀流・大谷翔平の名前にかけて文面で伝えた。

 米ファンからも「46マイル!」「(8回終わった時点で)防御率0.00だね」「新しいクローザーにしてくれ」「最高だ」「帽子を取って讃えてる(笑)」などと反響が寄せられていた。試合はレイズが2-13で敗れている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集