[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平出場試合で敵将が退場 球審の判定に不服と米報道「この2球目もストライク…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、マーリンズ戦に「1番・DH」で出場した。4回、相手のドン・マッティングリー監督が球審のストライク判定を不服としてベンチから抗議。退場処分となった。米メディアも「文句を言ったので退場となった」と伝えている。

「1番・DH」で出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
「1番・DH」で出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

マーリンズのマッティングリー監督が退場に

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、マーリンズ戦に「1番・DH」で出場した。4回、相手のドン・マッティングリー監督が球審のストライク判定を不服としてベンチから抗議。退場処分となった。米メディアも「文句を言ったので退場となった」と伝えている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 4回、マーリンズ4番のアギラの打席だ。2球目が低めに外れたかに見えたが、判定はストライク。カウント1-1となったところで、マーリンズベンチからマッティングリー監督が抗議したようだ。球審はこれに退場を宣告。マッティングリー監督は歩み寄って言葉を交わしたが、判定は覆らなかった。

 米地元放送局「バリー・スポーツ・フロリダ」は「ドン・マッティングリー監督は球審の一連の判定に対して文句を言ったので退場になった」とツイッターに記し、実際の映像を公開。また米スポーツベッティング会社「ピックスワイズ」の解説員、ジャレッド・スミス氏は、2球目が明らかにボール球となっていた投球チャート図をツイッターに公開した。

 スミス氏は、これ以前から球審の判定にばらつきがあったことを指摘しており、「ドン・マッティングリーは一連の疑惑の判定に疑問を呈していたが、この2球目もストライク判定されたので、文句を口にしたら退場となった」と伝えていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集