[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

上田桃子V 3人揃った“桃子対決”に「凄い」と本音「前夜から絶対勝つと思っていた」

国内女子ゴルフツアーの富士フイルム・スタジオアリス女子オープン最終日が10日、埼玉・石坂GCで行われ、2打差3位から出た上田桃子(ZOZO)が1イーグル、3バーディー、2ボギーの69で回り、通算9アンダーで逆転優勝。一時は大里桃子、岸部桃子という“桃子トリオ”が最上位に並ぶ「桃子対決」を制し、昨年のパナソニックオープンレディース以来、ツアー通算17勝目(海外1勝含む)を挙げた。

富士フイルム・スタジオアリス女子オープン、通算9アンダーで逆転優勝した上田桃子【写真:Getty Images】
富士フイルム・スタジオアリス女子オープン、通算9アンダーで逆転優勝した上田桃子【写真:Getty Images】

上田、大里、岸部が一時リーダーボードの上位独占

 国内女子ゴルフツアーの富士フイルム・スタジオアリス女子オープン最終日が10日、埼玉・石坂GCで行われ、2打差3位から出た上田桃子(ZOZO)が1イーグル、3バーディー、2ボギーの69で回り、通算9アンダーで逆転優勝。一時は大里桃子、岸部桃子という“桃子トリオ”が最上位に並ぶ「桃子対決」を制し、昨年のパナソニックオープンレディース以来、ツアー通算17勝目(海外1勝含む)を挙げた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 珍しい展開に、会見に出席した上田も思わず本音が漏れた。

「まずはすごいと思いましたし、すごく素直にうれしいと思いました。そろったおかげで話題にもなったので」

 第2日終了時点で大里、岸部を含め2位に「桃子」が3人並んだ。この日も前半で一時、1位が上田、2位に大里と岸部が続き、リーダーボードの最上位に「桃子」が3人並んだ。「誰が飛び抜けるか分からない状況」。ただ、心に燃えるものがあった。

「前夜から『絶対勝つ。自分の日にしたい』と思っていました」

 その言葉通りに勝ち切った。1番パー5で2オンに成功し、イーグルを奪取。続く2番パー3でバーディーを奪った。後半も2つバーディーを奪い、岸部と大里が崩れたのとは対照的に安定したプレーを披露した。

 18番はティーショットをミスして4オンとなり、ボギーとなった。優勝インタビューでは「スコア的には10アンダーを目指して、17番でバーディーを取れましたが、最後(18番)はちょっと恥ずかしかったです」と苦笑いだったものの、堂々たる逆転Vだった。

 上田は3月のHSBC女子世界選手権でホールインワンを記録するなど13位に。国内ツアー初戦となったTポイント×ENEOSでも6位に食い込み、好調をキープ。昨年6月に結婚を発表しており、ミセス初優勝にもなった。

 ちなみに本人によると「桃子」の名前は、父の友人に4人目の男児が産まれ、女児用に用意していた名前をもらったため、由来はないという。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集