[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐々木朗希、衝撃の日本新13者連続Kに野球ファンは言葉失う「え…?何が起きてるの?」

プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手が10日のオリックス戦(ZOZOマリン)に先発。プロ野球新記録となる13者連続奪三振を記録した。従来の1957年の梶本隆夫(阪急)、1958年の土橋正幸(東映)の「9」を一気に更新。プロ野球ファンには衝撃が走り「え? 何が起きてるの?」「すっっっっげえ、、、、」などとネット上は仰天するコメントで溢れていた。

ロッテの佐々木朗希【写真:宮内宏哉】
ロッテの佐々木朗希【写真:宮内宏哉】

オリックス戦で初回2死から5回終了まですべて三振、最速164キロ

 プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手が10日のオリックス戦(ZOZOマリン)に先発。プロ野球新記録となる13者連続奪三振を記録した。従来の1957年の梶本隆夫(阪急)、1958年の土橋正幸(東映)の「9」を一気に更新。プロ野球ファンには衝撃が走り「え? 何が起きてるの?」「すっっっっげえ、、、、」などとネット上は仰天するコメントで溢れていた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 20歳の怪物が止められない。初回2死で対戦した吉田から、148キロの高速フォークで3球三振を奪い、奪三振ショーが開幕。3回には自己最速タイとなる164キロを2度も計測し、オリックスの打者の打球が前にすら飛ばない状況が続いた。4回、バレラから162キロ直球で見逃し三振を奪ってプロ野球記録に並ぶと、続く吉田からは149キロのフォークを低めに落とし、10者連続三振となった。

 球団では95年の伊良部以来27年ぶりとなる3戦連続2ケタKも達成したが、これで終わらない。続く5回には12球でラベロ、福田、西村から奪三振。連続記録を「13」まで伸ばした。6回先頭の紅林が中飛となり記録は止まったが、このイニングまで走者を一人も許さない完全投球。歴史的快投にZOZOマリンは沸き上がった。

 歴史的瞬間の映像をDAZN公式ツイッターが公開。ネット上のファンからは「令和どころか球界の怪物だろ…」「これは異次元すぎるわw」「え? 何が起きてるの?」「ヤクルト戦に出ないでください」「吉田正尚から三振取るだけですごいのに化物だな」「漫画でもできん」「すっっっっげえ、、、、」などと仰天するコメントで溢れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集