[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴロフキン次戦は「年末にカネロ戦」と陣営明言 過去2戦は疑惑判定&薬物騒動で物議

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級(72.5キロ以下)王座統一戦が、9日にさいたまスーパーアリーナで開催され、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)がWBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)に9回TKO勝ち。王座統一を果たした(IBFは2度目の防衛)。プロモーターのトム・ロフラー氏は、会場で「THE ANSWER」の単独取材に応じ、3団体統一王者の注目の次戦は年末に4階級世界王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)戦になる見通しを明かした。

ゲンナジー・ゴロフキン(右)は村田諒太に9回TKO勝ちを収めた【写真:荒川祐史】
ゲンナジー・ゴロフキン(右)は村田諒太に9回TKO勝ちを収めた【写真:荒川祐史】

プロモーターのロフラー氏が単独取材に明かす「カネロが次戦勝てばGGG戦になる」

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級(72.5キロ以下)王座統一戦が、9日にさいたまスーパーアリーナで開催され、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)がWBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)に9回TKO勝ち。王座統一を果たした(IBFは2度目の防衛)。プロモーターのトム・ロフラー氏は、会場で「THE ANSWER」の単独取材に応じ、3団体統一王者の注目の次戦は年末に4階級世界王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)戦になる見通しを明かした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 さいたまスーパーアリーナで繰り広げられた激闘をリングサイドから見守ったロフラー氏は、40歳で強さを改めて示したゴロフキンの次戦について明かした。

「トリプルジー(GGG=ゴロフキンの愛称)はムラタを倒して、新たなベルトを手にした。カネロが次の試合に勝てば、次戦はGGG―カネロ戦になるだろう。すべての方向性がこのメガマッチ実現に向けて進んでいる。人々は3戦目を期待している。過去2試合はいろいろと大きな話題になった。かなり間隔は空いてしまったが、年末に開催されるだろう」

 5月7日に予定されるWBA世界ライトヘビー級王者ドミトリー・ビボル(ロシア)とのタイトル戦でカネロが勝利した場合、因縁の3戦目が実現する流れという。

 2人は2017年9月16日に統一戦で初めて激突。メディアや関係者がゴロフキン勝利との見方が大勢を占める中、ドローに。その後のドーピング検査でカネロに陽性反応が出たことも波紋を広げた。第2戦は2018年9月。カネロが判定勝ちとされたが、メディアや識者はゴロフキン勝利を支持する騒動に。実現すれば、今年のボクシング界最大の激突になる。

 一方、圧倒的な強さと紳士ぶりでアリーナのファンから喝采も浴びてゴロフキンは、今回の来日で日本愛を深めたという。

 ロフラー氏は「アリーナの雰囲気は素晴らしかった。日本でも素晴らしい対応をしていただいた。日本のボクシングファンやメディアからもリスペクトを受けた」と感謝。「日本で示された深い敬意こそがGGGがいかに国際的な存在であるかを示したと思います。GGGも日本で受けた愛情についても感謝の思いを口にしています。また日本で戦えればいいですね」と話していた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集