[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、試合後会見で涙「プロになって全然楽しくなくて…」 ゴロフキン戦一問一答

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦が9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)がIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に9回2分11秒TKO負けで番狂わせはならなかった。興行規模が20億円を超える日本史上最大のビッグマッチ。下馬評では圧倒的不利だった村田は歴史的選手に敗れ、2度目の王座陥落を喫した。ゴロフキンは王座統一に成功(IBFは2度目の防衛)。戦績は36歳の村田が16勝3敗、40歳のゴロフキンが42勝1敗1分け。(観衆1万5000人)

WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦、会見中に涙を拭う村田諒太【写真:荒川祐史】
WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦、会見中に涙を拭う村田諒太【写真:荒川祐史】

村田諒太VSゴロフキン

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦が9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)がIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に9回2分11秒TKO負けで番狂わせはならなかった。興行規模が20億円を超える日本史上最大のビッグマッチ。下馬評では圧倒的不利だった村田は歴史的選手に敗れ、2度目の王座陥落を喫した。ゴロフキンは王座統一に成功(IBFは2度目の防衛)。戦績は36歳の村田が16勝3敗、40歳のゴロフキンが42勝1敗1分け。(観衆1万5000人)

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 村田は勇敢に戦った。自慢のガードを固めつつワンツー、ボディーを浴びせた。鈍い音が鳴り響く会場。凄まじい緊張感に包まれた。被弾はするものの、目論み通り圧力をかけて下がらせる展開。何度も左ボディーを入れ、ゴロフキンにダメージを与えた。中盤はラッシュを浴びても下がらない。徐々に防戦一方となる時間が増えた。鬼の形相で反撃。しかし、最後は強烈な右フックを側頭部にもらってプロ初ダウン。膝から崩れ、陣営がタオルを投げた。

 試合終了から40分。会見場に現れた村田は傷だらけで魂の激闘を振り返った。「憧れの選手とやれて気持ちは」の問いには涙を拭う仕草を見せた。

――今の感情は。

「本当に多くの方々に集まっていただいて、ゴロフキン選手と試合ができて本当にありがとうございます。まだ感情が湧いている時点じゃない。負けたんだという事実を受け入れ始めて感情が湧いてくると思います。ゴロフキン選手のイメージは『強い』。もう無理やりでも倒してしまうようなイメージだったけど、強さよりもうまさが光っていて、ブロックの隙間を上手く入れてくる完成度の高さ、幅の違いを感じた」

――パンチを効かせた2、3回について。

「ボディーは効いてよかったけど、右ストレートはいなすというか、強く当たる距離で打たせてもらえない。暖簾に腕押しみたいでずらされる。あの技術が打たれ強いとされる理由なのかなと。右の感覚がどうしても合わなかった。対応力、技術的なところが一枚も二枚も上だった。僕にはない経験がある。強い選手とやってきた経験の差が出た。パンチ力自体はガードでなんとかなる感じがした。ただ、角度を入れて途中から入れられて、それが蓄積した。技術の幅を感じた。本当に上手かったです。こんなに上手いんだと思いました」

――ゴロフキンにたどり着いた。達成感で終わってしまったらダメと言っていた。実際は。

「2年4か月やっていなくて、36歳でやっていてボクシングで何を証明したいのか、何を得たいのか考えて、いろんなことで強さを証明したかった。その強さって何っていうと、中学ですぐに逃げ出したかった自分とか、高校生の全日本選手権決勝でビビッて自分を出せなかった試合、北京五輪で自分を出せなかったところとかあった。自分自身を律して恐怖に向かっていったんだという気持ちを得たかった。満足感でモチベーションがなくなることは防げたと思う。メンタル面でやってきたことを出せた」

――陣営のタオル投入について。

「タオルを投入されたことを知らなかった、今初めて知った。投げたんですか?(笑) これきついなと思っていたところだったので、あのタイミングでのタオルは当然だと思います。一番やらなければならない最低ラインは無事にリングを降りること。それがしっかりできるようにこの数時間を過ごさないといけない。ゴロフキン選手は大丈夫と思いますけど、無事に国に戻れることを祈っています」

――2、3ラウンド目を大事にしていた。作戦は上手くいったところは。

「2、3ラウンドの入りはよかった。でも、総合力で上を行かれた。一撃をもらったら終わってしまうという威力を想像していた。めちゃくちゃパンチはあったけど、対応できていた。ただ、角度を入れられた。ワンツー、ボディーと角度の少ないパンチになってしまった。総合力でやられたと思う。一発のパンチ、スタミナ、そういう数値ではなく技術的なところで負けた」

――リング上で笑顔もあった。憧れの選手とやれて気持ちは。

「会場に向かう時に、(帝拳ジムの)本田会長にいい意味で楽しんで来いと言われた。そうだよなと。五輪から10年、作ってくれたことをしっかりね。楽しくなかったですけどね(笑)。でも、楽しいこともありました。ゴロフキンと打ち合えて、効いているとか。どこまでやってもボクシングファンなのかもしれないですね。一流選手とやっている嬉しさがもしかしたらあったかもしれない。楽しんで来いと言われたのが嬉しかった。(涙声で)プロになって全然楽しくなくて、勝たないといけないし、金メダルを獲ってなかなかプレッシャーがあった。楽しんでいいんだって。楽しくなかったですけどね!?(笑)。ちょっと楽しい瞬間もあったかもしれない」

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集