[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴロフキン、試合後に自身のガウンを村田諒太に贈呈 ネット感銘「偉大なチャンピオン」

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦が9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)がIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に9回2分11秒TKO負けで番狂わせはならなかった。興行規模が20億円を超える日本史上最大のビッグマッチ。下馬評では圧倒的不利だった村田は歴史的選手に敗れ、2度目の王座陥落を喫した。ゴロフキンは王座統一に成功(IBFは2度目の防衛)。戦績は36歳の村田が16勝3敗、40歳のゴロフキンが42勝1敗1分け。(観衆1万5000人)

WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦、試合後に村田諒太にガウンをプレゼントしたゲンナジー・ゴロフキン【写真:荒川祐史】
WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦、試合後に村田諒太にガウンをプレゼントしたゲンナジー・ゴロフキン【写真:荒川祐史】

村田諒太VSゴロフキン

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦が9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)がIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に9回2分11秒TKO負けで番狂わせはならなかった。興行規模が20億円を超える日本史上最大のビッグマッチ。下馬評では圧倒的不利だった村田は歴史的選手に敗れ、2度目の王座陥落を喫した。ゴロフキンは王座統一に成功(IBFは2度目の防衛)。戦績は36歳の村田が16勝3敗、40歳のゴロフキンが42勝1敗1分け。(観衆1万5000人)

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ゴロフキンの試合後に取った行動が日本人ファンの胸を熱くさせた。9回TKOで下した村田と拳を合わせ、健闘を称え合うと、律儀にお辞儀した。そして、リングインタビューなどが行われたリング上で自身のガウンを村田に贈呈。それを勇敢に戦い抜いた相手に着させた。

 インタビューでも「素晴らしいファイトを見せてくれた村田と、村田のチームにお礼と称賛の言葉を送りたい。拍手をお願いします」と日本のファンに呼びかけるなど、紳士的な行動を貫いたゴロフキンの人格を表すようなシーンだった。

 ネット上でも多くのファンが感銘。「ゴロフキンがローブ渡したところマジで泣けた」「涙がとまらん」「なかなかこんなことは出来ない」「ほんまにありがとう、偉大なチャンピオンでした」「スポーツ美しすぎる」「真の王者」「ガウンを掛けてあげた瞬間、涙がボロボロ出てきた」などと話題になっていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集