[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ムラタは恥じることなんてない」 村田諒太の歴史的健闘を海外メディアこぞって称賛

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦が9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)がIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に9回2分11秒TKO負けで番狂わせはならなかった。興行規模が20億円を超える日本史上最大のビッグマッチ。下馬評では圧倒的不利だった村田は歴史的選手に敗れ、2度目の王座陥落を喫した。ゴロフキンは王座統一に成功(IBFは2度目の防衛)。戦績は36歳の村田が16勝3敗、40歳のゴロフキンが42勝1敗1分け。

WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦、試合後にゲンナジー・ゴロフキンと称え合った村田諒太【写真:荒川祐史】
WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦、試合後にゲンナジー・ゴロフキンと称え合った村田諒太【写真:荒川祐史】

リング誌編集長「序盤に世界に衝撃を与えるパンチを見せた」

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦が9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)がIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に9回2分11秒TKO負けで番狂わせはならなかった。興行規模が20億円を超える日本史上最大のビッグマッチ。下馬評では圧倒的不利だった村田は歴史的選手に敗れ、2度目の王座陥落を喫した。ゴロフキンは王座統一に成功(IBFは2度目の防衛)。戦績は36歳の村田が16勝3敗、40歳のゴロフキンが42勝1敗1分け。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 埼玉で行われた日本ボクシング史上最大のビッグマッチに海の向こうからも熱視線が送られていた。下馬評では圧倒的不利とみられていた村田が現役世界最強のゴロフキンに大健闘。ツイッター上では海外記者も称賛の言葉を送っている。

 ボクシング界で最も権威ある米専門誌「リング」のダグラス・フィッシャー編集長は「ムラタは序盤に、世界に衝撃を与えるパンチを見せたし、彼は5ラウンドまでとてもよくやった」と評価。「しかし、崖にいる“年寄り”を押し切るには至らなかった」と最後は強さを発揮したゴロフキンに屈したと評した。同じくリング誌のマイケル・モンテロ記者も「ムラタは恥じることなんてない。全てを出し切ったし、序盤は本当に良かった」と労った。

 ボクシング専門メディア「ファイトニュース.com」のプシェメク・ガルサルチク記者も「戦士、リョウタ・ムラタに大きな敬意を示す。ゴロフキンが言ったように、リョウタは彼の母国ファンに対し、持っているものすべてを出し切った。これぞボクシングだ」とツイートした。

 記者のみならず、元IBF世界スーパーミドル級王者カレブ・トルアックスも反応。「ゴロフキンの素晴らしいパフォーマンスだった。インサイドとレフトフックで序盤の苦戦を乗り切った」と評した上で「ムラタはとてつもなくタフだった」と打たれ強さに驚いた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集