[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「瀬戸際でワケ分からない記録が出る」 東京五輪銀の日大・本多灯が語る大学スポーツの魅力

一般社団法人大学スポーツ協会(UNIVAS)は3月28日に「UNIVAS AWARDS 2021-22」のオンライン表彰式を開催。競技成績のみならず、学業充実や安全安心、大学スポーツの盛り上げ等に著しい成果を挙げ、協会の理念の体現に貢献をした学生アスリートやスポーツに関わる学生、OB・OG、指導者、団体を表彰した。昨夏の東京五輪・競泳男子200メートルバタフライで銀メダルを獲得した本多灯(日大新3年)は特別賞を受賞。式典後に飛躍の年となった1年、大学スポーツの魅力などについて語った。

特別賞を受賞し、登壇した本多灯【写真:大学スポーツ協会提供】
特別賞を受賞し、登壇した本多灯【写真:大学スポーツ協会提供】

「UNIVAS AWARDS 2021-22」で特別賞を受賞

 一般社団法人大学スポーツ協会(UNIVAS)は3月28日に「UNIVAS AWARDS 2021-22」のオンライン表彰式を開催。競技成績のみならず、学業充実や安全安心、大学スポーツの盛り上げ等に著しい成果を挙げ、協会の理念の体現に貢献をした学生アスリートやスポーツに関わる学生、OB・OG、指導者、団体を表彰した。昨夏の東京五輪・競泳男子200メートルバタフライで銀メダルを獲得した本多灯(日大新3年)は特別賞を受賞。式典後に飛躍の年となった1年、大学スポーツの魅力などについて語った。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 本多は東京パラリンピックの陸上400メートルユニバーサルリレーで銅メダルを獲得した大島健吾とともに登壇。UNIVAS副会長の元マラソンランナー・有森裕子さんから記念メダルを授与された。「今はコロナもあって不安が大きいと思うけれど、スポーツはそういったものも吹き飛ばせるほど強い力がある。それを信じ、楽しんでやっていきたい」と明るく話した。

 表彰式後に取材に応じた本多は、19歳で銀メダリストとなった2年生を振り返り「学生生活で最高の1年でした」と振り返りつつ、翌年以降が重要であると気を引き締めた。

「(銀メダルは)知らない世界で緊張することもなくできた。ただ、1度成功することはできても、2年目が重要だとすごく感じています。今年は世界水泳やアジア大会、インカレもある。瀬戸選手や萩野選手のような(2年目以降も)しっかり結果を出せる選手が活躍している。そういった選手に近づけるように、次の1年をやり通したいと思う」

 五輪メダリストとなった反響は「ぶっちゃけて言うと、そんなに大きくない」と笑う。「大学の同期はいい意味でも褒めてくれないというか、普段通り接してくれる。調子に乗らずにいられることが今も状態よくいられる要因。仲間に恵まれていると思います」。むしろ、女子個人メドレーで2冠を達成した大橋悠依らに刺激を受け、さらに向上心が高まっている。

「東京五輪は表彰台を狙って戦っていましたが、大橋選手や柔道で大勢の選手が金メダルを獲って、僕もその一員になりたいと強く感じました。銀メダルでも凄いのかもしれないけれど、金メダルは僕の夢ですし、達成したい」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集