[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴルフ海外メジャー王者が90cm→60cmのパット連続ミス 米ファン驚き「私と同レベル」

米男子ゴルフのバレロテキサスオープン(米テキサス州TPCサンアントニオ、7494ヤード、パー72)で昨年大会覇者の名手ジョーダン・スピース(米国)がまさかのミスを犯した。1日(日本時間2日)の第2日、至近距離のパットを2度外す痛恨のミス。米ファンからは「彼も人間だ」「私じゃん」などと驚きの声が寄せられている。

バレロテキサスオープンに参加しているジョーダン・スピース【写真:Getty Images】
バレロテキサスオープンに参加しているジョーダン・スピース【写真:Getty Images】

バレロテキサスオープンで名手スピースがまさか

 米男子ゴルフのバレロテキサスオープン(米テキサス州TPCサンアントニオ、7494ヤード、パー72)で昨年大会覇者の名手ジョーダン・スピース(米国)がまさかのミスを犯した。1日(日本時間2日)の第2日、至近距離のパットを2度外す痛恨のミス。米ファンからは「彼も人間だ」「私じゃん」などと驚きの声が寄せられている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 2015年マスターズを含め海外メジャー3勝、現役屈指の名手が初心者のようなプレーだ。6番パー4、スピースの3フィート(約90センチ)のパーパット。しかし、ボールはカップの左側をかすめて通過した。驚きは終わらない。すぐに試みた折り返しの2フィート(約60センチ)を同じカップの縁をかすめ、外した。これにはギャラリーもどよめき、実況席も「Ohhh!!!」と驚きの声を上げた。結局、このホールはダブルボギーとなった。

 その間、たった3秒で生まれたまさかの連続ミス。米専門メディア「ゴルフ.com」は「ジョーダン・スピースが3フィートショットをミス。そして2フィートも」と見出しを打って注目した。米専門局「ゴルフ・チャンネル」クレイグ・パークス解説員が「スピースは集中力が欠けている」「これはなかなか見られない」などと語ったコメントを紹介している。

 弘法も筆の誤り。PGAツアー公式ツイッターは実際の映像を公開。米ファンからは「私もこれならできる」「彼も人間だ」「見ていて心が痛む」「私じゃん」「私と同レベル」「エイプリルフール」などと反響が寄せられ、再生回数は90万回に迫っている。

 それでも、第2日はスコアを2つ伸ばし、通算2アンダーで72位から47位に押し上げたスピース。しかし、第3日はスコアを2つ落とし、通算イーブンで63位に後退している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集