[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

危機的状況で輝いた2人のバスケ日本代表 CS進出“黄信号”、Bリーグ三河を救えるか

チャンピオンシップ(CS)出場に黄信号が灯るシーホース三河に希望を与えたのは、帰還したばかりの2人の若き日本代表だった。

シーホース三河の西田優大【写真:SeaHorses MIKAWA co.,LTD.】
シーホース三河の西田優大【写真:SeaHorses MIKAWA co.,LTD.】

勝負の広島戦で1勝1敗、西田優大とシェーファーアヴィ幸樹が躍動

 チャンピオンシップ(CS)出場に黄信号が灯るシーホース三河に希望を与えたのは、帰還したばかりの2人の若き日本代表だった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 代表活動期間により中断していたバスケットボールBリーグが、およそ1か月ぶりに再開した。

 三河は中断前の時点で、16勝15敗で西地区5位。各地区上位3位までと、ワイルドカード2クラブが出場できるCS争いに踏みとどまるためにも、3月5日と6日に行われた4位・広島ドラゴンフライズとのホーム2連戦は連勝が求められる状況だった。そうしたなかで三河は、日本代表戦後、1週間の隔離期間を経て試合開始3時間前にチームへ合流した西田優大とシェーファーアヴィ幸樹を先発に起用して必勝態勢で臨んだものの、1勝1敗に終わった。

 5日に行われた第1戦は、出だしの悪さがすべてだった。

 飛行機と新幹線を乗り継いでの7時間かけた移動が響き、「前半は足が重かった」(西田)。加えて代表とクラブとのプレーの違いや、前日に加入が発表されたジョナサン・オクテウスとの連係不足もあり、本来のパフォーマンスが出せなかった三河は、一時19点のビハインドを背負った。

 西田も第1クォーターの残り4分55秒で一度ベンチに下がるが、それが後半の爆発につながる。

「あのタイミングでの交代は自分でも納得じゃないですけど、足も動いていなかったし、自分のところで3ポイントをポンポンと何本かやられたので、仕方がないかなというのもあります。外から見ていて、雰囲気というか、なんとなく慣れてきた部分があったので、もう一回出たところで3ポイントシュートやドライブもでき始めた」

 西田は後半だけで15得点を挙げて、猛追の急先鋒となる。誰よりも足を使ったディフェンスで相手に仕事をさせず、外国籍選手をスピードで振り切って逆転のバスケットカウントを決めるなどチームを引っ張った。最終的には83-92で広島に逃げ切られるも、翌日への士気を高める活躍だった。

 昨年春に東海大学を卒業したばかりの西田は、今季三河に加入。「新人王」を目標に掲げたルーキーは、開幕からスターターに定着して全33試合に先発出場。“エースキラー”と評されるディフェンス力と11.5得点の得点能力で三河のエースにふさわしい輝きを放っている。

 東京五輪で女子日本代表を銀メダルに導いたトム・ホーバスヘッドコーチ(HC)が、昨秋から男子代表を率いて以降、西田はコンスタントに新生「AKATSUKI FIVE」に選出。11月のトム・ホーバスジャパン初陣で、2試合連続の2桁得点を挙げると、2月のワールドカップ(W杯)予選Window2チャイニーズ・タイペイ戦では、チーム最多の27得点を挙げて逆転勝利に貢献した。

1 2 3 4

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集