[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鳥人ブブカ超えの22歳、また更新の世界新6m19に海外称賛「これが最後ではないだろう」

陸上の世界陸連室内ツアーが7日、ベオグラードで開催され、男子棒高跳びではアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)が6メートル19を記録。2020年にマークした自身の世界記録を1センチ更新した。海外メディアも続々とこの快挙を伝えている。

自身が持つ世界記録を1センチ更新し、世界記録を樹立したアルマンド・デュプランティス【写真:Getty Images】
自身が持つ世界記録を1センチ更新し、世界記録を樹立したアルマンド・デュプランティス【写真:Getty Images】

男子棒高跳び、デュプランティスがまた世界新

 陸上の世界陸連室内ツアーが7日、ベオグラードで開催され、男子棒高跳びではアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)が6メートル19を記録。2020年にマークした自身の世界記録を1センチ更新した。海外メディアも続々とこの快挙を伝えている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 22歳のデュプランティスは2020年に“鳥人”の異名を誇ったセルゲイ・ブブカ(ウクライナ)の屋外世界記録を超える6メートル15を記録。室内でも同年、6メートル18の世界記録を達成していた。

 この大会でデュプランティスは6メートルまでクリアした後、6メートル19に挑戦。3度目の挑戦でバーに体を触れながらも、見事跳び越えて世界記録を樹立。大喜びで観客席に向かい、関係者とハグを交わした。

 カナダ公共放送「CBC」の記事によると、この快挙についてデュプランティスは「6.19という数字は完璧が要求される」「ついに乗り越えることができたんだ」と語っている。

 また五輪公式サイトは「アルマンド・デュプランティスがまたやってのけた」「この歴史的偉業を成し遂げた彼だが、この挑戦は最後になるものではないだろう」と更なる記録更新に期待。米放送局「CNN」のニュース番組「News18」は「ほとんど観客のいないホールで、棒高跳びのトップランナーの彼が世界記録を更新した」「3度目の挑戦でクリアすると、スタンドにいた恋人の元に駆け寄った」と快挙達成時の姿を伝えていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集