[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 川内優輝、プロ転向を海外も注目 「ついに決断した。東京五輪への準備に没頭できる」

川内優輝、プロ転向を海外も注目 「ついに決断した。東京五輪への準備に没頭できる」

男子マラソンの川内優輝(埼玉県庁)が16日、ボストンマラソン(米ボストン)で2時間15分58秒で優勝。日本人として瀬古利彦以来、31年ぶりの快挙を果たした「市民ランナー」のプロ転向を海外メディアも「31歳にして、ついに決断」と報じている。

川内優輝【写真:Getty Images】
川内優輝【写真:Getty Images】

31年ぶり快挙の川内がプロ転向を表明、海外メディアも即反応した

 男子マラソンの川内優輝(埼玉県庁)が16日、ボストンマラソン(米ボストン)で2時間15分58秒で優勝。日本人として瀬古利彦以来、31年ぶりの快挙を果たした「市民ランナー」のプロ転向を海外メディアも「31歳にして、ついに決断」と報じている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 19日に米国から帰国した際に来年4月からのプロ転向を表明した「最強の市民ランナー」。その決断に海外メディアも注目している。

「マラソンランナーのユウキ・カワウチがプロに転向」と特集したのはフランス地元紙「レキップ」だった。

「31歳にして、ユウキ・カワウチはついにプロ転向を決断した。彼の最近のボストンマラソンでの成功が日本人アスリートに挑戦を確信させた」

 記事ではこう報じている。2018年シーズンにすでに4回優勝している川内について「公務員でこれまでコーチやスポンサーの助けなしにトレーニングしていた」という異色の存在だったことも紹介している。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー