[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 31年ぶり快挙の川内優輝、最強市民ランナーに米メディアも拍手「世界に衝撃与えた」

31年ぶり快挙の川内優輝、最強市民ランナーに米メディアも拍手「世界に衝撃与えた」

男子マラソンの川内優輝(埼玉県庁)が16日、米ボストンで行われたボストンマラソンで2時間15分58秒のタイムで優勝。日本人としての優勝は1987年の瀬古利彦以来、31年ぶりの快挙となった。米メディアも“最強の市民ランナー”の快走を「世界に衝撃を与えた」と称えている。

ボストンマラソンで優勝した川内優輝【写真:Getty Images】
ボストンマラソンで優勝した川内優輝【写真:Getty Images】

最強の市民ランナーが100年以上の伝統誇るボストンマラソンを制す

 男子マラソンの川内優輝(埼玉県庁)が16日、米ボストンで行われたボストンマラソンで2時間15分58秒のタイムで優勝。日本人としての優勝は1987年の瀬古利彦以来、31年ぶりの快挙となった。米メディアも“最強の市民ランナー”の快走を「世界に衝撃を与えた」と称えている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 大雨に加えて強い風。そんな最悪のコンディションのボストンを、最強の市民ランナーが疾走した。スタートから飛び出し、大逃げする展開。一度は前に出られたが、残り2キロで逆転しそのまま先頭でゴールテープを切ると、目を見開いて、天を仰ぎ歓喜の雨のシャワーを浴びた。

 米スポーツ専門局「ESPN」は「ボストンで優勝したユウキ・カワウチのサプライズ」と題して、特集している。

「彼がゴールのテープを切った時の、目を見開いた壮大な笑顔が印象的だった。ユウキ・カワウチは世界に衝撃を与えた。彼は1987年のトシヒコ・セコ以来、ボストンマラソンを制した初の日本人となった」

 31年ぶりの快挙を、“世界に衝撃を与えた”と称賛と共に伝えている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー