[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、忘れない「すね毛が逆立つ」ゴロフキンの衝撃 7年前に知った最強王者の器

ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が12日、都内で会見し、日本時間12月29日にさいたまスーパーアリーナでIBF世界同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と王座統一戦を行うと正式発表した。2014年7月にスパーリングで対峙した両者。過去、村田は最強王者のパンチ力について「すね毛が逆立つような気持ち」と表現し、当時のエピソードを語っていた。衝撃を吹き飛ばし、ずっと対戦を熱望していた最強ボクサーを倒しにかかる。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

7年前、村田諒太はゲンナジー・ゴロフキンから衝撃を受けていた【写真:荒川祐史】
7年前、村田諒太はゲンナジー・ゴロフキンから衝撃を受けていた【写真:荒川祐史】

都内の会見で村田諒太VSゴロフキンを正式発表

 ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が12日、都内で会見し、日本時間12月29日にさいたまスーパーアリーナでIBF世界同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と王座統一戦を行うと正式発表した。2014年7月にスパーリングで対峙した両者。過去、村田は最強王者のパンチ力について「すね毛が逆立つような気持ち」と表現し、当時のエピソードを語っていた。衝撃を吹き飛ばし、ずっと対戦を熱望していた最強ボクサーを倒しにかかる。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 18年5月。2週間ほど前にミドル級日本人初の防衛成功を果たした村田は、当時世界3団体統一王者だったゴロフキンについて語っていた。プロ1年目の14年7月に米国合宿でスパーを経験。大振りのフックを後頭部付近に受けた。その衝撃は忘れられない。

「すね毛が逆立つような気持ちになるくらい効いたんです。痺れるんですよ。“ザッ”と来て“ウォ”って。すね毛が逆立つ。ボクサーならわかるんじゃないですかね。足が痺れるというか。実際には逆立ってないですよ? でも、ザー!!って感じるんです。威力がありましたね」

「世界最強」の称号を欲しいままにしてきたゴロフキン。10年8月に初めて世界タイトルを獲得すると、19回も連続防衛(うち17戦連続KO)を果たした。数々の強敵を葬り去った獰猛なスタイルだけでなく、人柄やクリーンなファイトでも人気を博す。当時、まだ世界戦はほど遠かった村田は「こんな日本から来た自分にも真摯に接してくれた」と感激。同行した報道陣やスタッフにも気を使ってくれたという。

 スパーで拳を交えた時、王者としての器の大きさを感じていた。

「本当に彼は真摯。僕はプロデビューして1年目だったので、向こうからしたら倒してもしょうがない相手。打つ時もフックを腕とかに打ってくるんですよ。バーンって打ってきて。顔面に打ってパートナーを壊してもダメ。『練習はお互いのためにあるんだから』って。その打たれた腕がビックリするくらいの衝撃だった。あんな“肩パン”は受けたことがなかった(笑)。やっぱり衝撃的でしたね。強いし、かつクリーンな選手。だから彼とやりたい」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集