[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

水谷隼は「卓球界の財産」 ベンチで光らせたNo.1の経験値「彼は知り尽くしている」

卓球のTリーグ男子が9日、東京・大田区総合体育館で4季目が開幕した。2季ぶりの優勝を目指す木下マイスター東京は、昨季王者・琉球アスティーダに3-2で白星発進。東京五輪混合ダブルス金、男子団体銅メダルの水谷隼は、ベンチから後輩たちに指示を送り、存在感を発揮して勝利に貢献した。

木下マイスター東京の水谷隼(右から2番目)は初戦でベンチ入りした【写真:荒川祐史】
木下マイスター東京の水谷隼(右から2番目)は初戦でベンチ入りした【写真:荒川祐史】

卓球Tリーグが開幕

 卓球のTリーグ男子が9日、東京・大田区総合体育館で4季目が開幕した。2季ぶりの優勝を目指す木下マイスター東京は、昨季王者・琉球アスティーダに3-2で白星発進。東京五輪混合ダブルス金、男子団体銅メダルの水谷隼は、ベンチから後輩たちに指示を送り、存在感を発揮して勝利に貢献した。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 コートに立たなくても、できることはあった。出場予定のなかった水谷は、ベンチ最前列からチームを鼓舞。タイムごとに選手たちへ積極的にアドバイスを送り、時折笑顔を見せながら身振り手振りを交えて指示を出した。2勝2敗で迎えた1ゲーム(G)勝負の最終第5試合。託された大島祐哉は20年全日本王者の宇田幸矢を迎え撃った。

 7-9と劣勢の場面。水谷が立ち上がり、助言を送った。「少し下回転に頼りすぎているから上回転を出してもいい」。大島はサーブで相手のミスを誘い、ポイントを獲得。「あのサーブが本当に良かったですね。最後まで勝負を分ける1本だった。水谷さんがいてくれて本当に心強い」。4度のデュースの末、15-13で勝ち切った。

 チームでは、32歳の水谷に次いで年長となる27歳の大島。第4試合のシングルスと合わせて2勝した白星の立役者は、ヒーローインタビューで涙目になりながらこう語った。

「本当に苦しかったです。メンバーもなかなか揃わない中で迎えた開幕戦だったけど、1勝2敗で回ってきて、なんとか2試合獲って勝ち切れてよかったです。(水谷を除いて)最年長で難しい気持ちでやってきた。今日は水谷さんがチームを引っ張ってくれました。

『1球たりとも同じ球を繰り返さないように』と言われていたので、それを最後まで貫いて、最後は気合で入れて勝てました。自分が考えないようなアドバイスもくれるし、本当に今日は水谷さんがいてくださったおかげで勝てたと思います」

 水谷は数年前から抱えていた目の不調により、代表活動など第一線を退く意向だったが、チームと契約。Tリーグに選手登録した。この日は第1試合のダブルスを落とし、第2試合に臨んだシングルスの及川瑞基にも言葉をかけた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集