[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、ソフト日本の金メダル祝福「上野さんの涙でギャン泣き」「パリで復活させて」

 女子ゴルフの渋野日向子(サントリー)が、東京五輪で金メダルを獲得したソフトボール日本代表を祝福した。28日、楽天スーパーレディースの前日会見に出席。学生時代にはソフトボールに打ち込んでいたこともあり、会見にはハイテンションで登場。「ずっと泣いてました」「パリ五輪で復活させてほしい」と思いを語った。

楽天スーパーレディースの前日会見に出席した渋野日向子【写真:Getty Images】
楽天スーパーレディースの前日会見に出席した渋野日向子【写真:Getty Images】

学生時代にソフトボールを経験「最後の気持ちで見ていた」

女子ゴルフの渋野日向子(サントリー)が、東京五輪で金メダルを獲得したソフトボール日本代表を祝福した。28日、楽天スーパーレディースの前日会見に出席。学生時代にはソフトボールに打ち込んでいたこともあり、会見にはハイテンションで登場。「ずっと泣いてました」「パリ五輪で復活させてほしい」と思いを語った。

 ソフトボール日本代表は、27日の決勝で米国に2-0で勝利。08年北京五輪以来、13年ぶりの開催となった競技で、見事に金メダルを獲得した。小学生時代にソフトボールに打ち込んだ渋野は、練習ラウンドを終え、部屋で1人テレビ観戦していたという。

 会見にハイテンションで登場した渋野は、報道陣に祝われ「ありがとうございます、っておかしいけど(笑)」と笑顔。「3年後(パリ五輪)はソフトボール競技がなくなる。これが見るのが最後という気持ちで見ていました」と観戦中の心境を語った。

 渋野の憧れの存在、39歳の上野由岐子投手は予選から相手の金属バットを折るなど好投。決勝でも北京五輪に続いて胴上げ投手となった。「試合中から半泣きでした」「上野さんの涙でギャン泣きですし、監督同士でハグしているところでも泣いちゃうし、ずっと泣いてました」と大きな感激を受けたようだ。

 自身は東京五輪の出場権を逃したが、24年パリ五輪へのモチベーションは高まっている。「オリンピックに出場している選手からモチベーションはいただいている。パリ五輪でソフトボール復活させてほしい。純粋にそれだけをお願いしたい」とお願いしていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集