[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、独走36号は141m特大弾! 米メディア唖然「ロケットセンターから打ち上げられたよう」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、本拠地のロッキーズ戦で「2番・DH」で先発出場。5回の第3打席で右中間スタンドへ、飛距離463フィート(約141.12メートル)の特大の36号本塁打を放った。米メディア関係者からは驚きの声が上がっている。

第3打席、右中間スタンドへ36号HRを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
第3打席、右中間スタンドへ36号HRを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

ロッキーズ戦に「2番・DH」で先発

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、本拠地のロッキーズ戦で「2番・DH」で先発出場。5回の第3打席で右中間スタンドへ、飛距離463フィート(約141.12メートル)の特大の36号本塁打を放った。米メディア関係者からは驚きの声が上がっている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 こんな甘い球を大谷が見逃すはずがない。5回2死三塁、左腕ゴンバーの真ん中付近の85マイル(をインパクト。右中間方向へ高々と舞い上がった打球はスタンドへ飛び込んだ。両リーグトップを独走する36号2ランは、飛距離463フィートの特大アーチだった。

 ツイッター上の米メディア関係者も仰天している。米ロサンゼルスのラジオ局「KLAA」の番組「エンゼルス・リキャップ・ポッドキャスト」でホストを務めるトレント・ラッシュ氏は「オオタニの36号は463フィート! それはまるでロケットセンターから打ち上げられたよう。オーマイガー!」と驚愕。

 米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者も「ショウヘイ・オオタニが36号本塁打をぶちこんだ。打球速度110.4マイルで飛距離は463フィート。オオタニの本塁打で今季2番目の飛距離となった」と今シーズン屈指の飛距離になったことを伝えている。

 さらに米スポーツ専門局「NBCスポーツ」などに寄稿するライアン・スピーダー記者は「ショウヘイ・オオタニは最近42試合で21本目の本塁打。ちなみに33試合では19本目である」と驚異の量産ペースだとしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集