[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に敵国メディアも衝撃 「フィリピン人を粉砕」「残虐な左」「軽作業のよう」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチが19日(日本時間20日)、米ラスベガスのヴァージンホテルで行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ちした。日本人初の4団体統一に向けて、聖地ラスベガスで2連勝。海外メディアが動画付きで報じる中、敵地フィリピンメディアは「粉砕した」「残虐な左をくらった」「軽作業のような勝利」と衝撃を受けた様子で伝えている。

WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ、井上尚弥はマイケル・ダスマリナスに3回TKO勝ちした【写真:Getty Images】
WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ、井上尚弥はマイケル・ダスマリナスに3回TKO勝ちした【写真:Getty Images】

井上尚弥の左ボディー3発圧勝、フィリピンメディア「肝臓を狙い、息の根を止めた」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチが19日(日本時間20日)、米ラスベガスのヴァージンホテルで行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ちした。日本人初の4団体統一に向けて、聖地ラスベガスで2連勝。海外メディアが動画付きで報じる中、敵地フィリピンメディアは「粉砕した」「残虐な左をくらった」「軽作業のような勝利」と衝撃を受けた様子で伝えている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 井上の圧勝だ。2回2分頃にロープ際にダスマリナスを追い詰めると、左ボディーで早々にダウンを先取。再開後も猛攻を仕掛け、左ボディーを何発も入れてダメージを蓄積させた。3回残り40秒頃に再び左ボディーが炸裂させると、ダスマリナスはその場で転げまわって悶絶。再開直後にも左ボディーを浴びせ、3度目のダウンで終わらせた。

 敵地フィリピンメディアもモンスターの勝利を続々と速報した。地元紙「ザ・フィリピンスター」の公式サイト「フィルスター.com」は「ナオヤ・イノウエがフィリピン人挑戦者ダスマリナスを粉砕した」の見出しで報道。「日本のナオヤ・イノウエが軽作業のような3回TKO勝ちで下した。2回に左フックをくらったことが、終わりの始まりだった。ダスマリナスは終始日本人の重いボディーショットをくらい続けた」「3回にも同様に残虐な左をくらって、レフェリーは試合を止めた」と衝撃を伝えている。

 WBC王者ノニト・ドネア、WBO王者ジョンリエル・カシメロも生観戦。4団体統一を狙う井上のターゲットになる2人もフィリピン人だ。そんな敵国メディアである地元紙「マニラ・ブレティン」は「ナオヤ・イノウエが『モンスター』と呼ばれている理由を再び示した。初回はスロースタートだったものの、完全に試合を支配していた。3回、28歳のイノウエは時間をかけずに、肝臓を狙い続け、息の根を止めに行っていた」と記事を掲載している。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集