[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、リング誌最新PFPで2位キープ 井岡一翔は10位、4団体統一のテイラーが5位浮上

権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」が、全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)を更新。世界スーパーライト級4団体統一王者となったジョシュ・テイラー(英国)が5位に浮上した。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)は順位変わらず2位となっている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

1位は変わらずカネロ、3位クロフォード

 権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」が、全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)を更新。世界スーパーライト級4団体統一王者となったジョシュ・テイラー(英国)が5位に浮上した。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)は順位変わらず2位となっている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 ボクシングの聖書と呼ばれるリング誌が最新版PFPを発表した。22日(日本時間23日)に米ラスベガスで行われた4団体統一戦で、WBC&WBO王者ホセ・ラミレス(米国)に3-0で判定勝ちしたテイラーが、格付けでは9位から5位にジャンプアップした。

 テイラーの上位に位置する4傑の顔ぶれは変わらず。1位は4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)で、2位が井上、3位がWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)、4位は元世界4団体クルーザー級統一王者のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)となっている。

 最強ボクサー格付けの常連となった井上。同誌のPFP在籍期間は198週目となっている。一方、10位にはWBOスーパーフライ級世界王者の井岡一翔が名を連ねている。

 リング誌の最新PFPは以下の通り。

1位 サウル・アルバレス(メキシコ)
2位 井上尚弥(日本)
3位 テレンス・クロフォード(米国)
4位 オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)
5位 ジョシュ・テイラー(英国)
6位 エロール・スペンスJr.(米国)
7位 テオフィモ・ロペス(米国)
8位 ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
9位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
10位 井岡一翔(日本)

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集