[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

8戦4勝稲見萌寧の一問一答「私はいつも緊張しない」

女子ゴルフの国内ツアー・フジサンケイレディス最終日が25日、静岡・川奈ホテルGC富士C(6439ヤード、パー71)で行われ、1打差の2位で出た21歳の稲見萌寧(都築電気)が5バーディー、1ボギーの67で回り、通算12アンダーで逆転優勝を飾った。今年8試合で4勝の驚異的強さを発揮。2週ぶりのツアー通算6勝目、2020-21年シーズン5勝目で今季獲得賞金は1億円を突破した。

通算12アンダーで逆転優勝を飾った稲見萌寧【写真:Getty Images】
通算12アンダーで逆転優勝を飾った稲見萌寧【写真:Getty Images】

フジサンケイレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・フジサンケイレディス最終日が25日、静岡・川奈ホテルGC富士C(6439ヤード、パー71)で行われ、1打差の2位で出た21歳の稲見萌寧(都築電気)が5バーディー、1ボギーの67で回り、通算12アンダーで逆転優勝を飾った。今年8試合で4勝の驚異的強さを発揮。2週ぶりのツアー通算6勝目、2020-21年シーズン5勝目で今季獲得賞金は1億円を突破した。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 稲見は出だしの1番でバーディー。1打差で単独首位だった19歳の山下美夢有にいきなり並ぶと、2番でも1つ伸ばした。4番もバーディーを奪って独走態勢。14番でも伸ばし、2位に3打差をつけた。15番パー4は第2打でグリーンを外し、奥のカート道付近まで飛ばしたが、なんとかボギーに留めた。続く16番はバーディー。最終18番でウィニングパットを沈めると、両手を突き上げて喜んだ。

 今年は初戦から8試合で7位、優勝、33位、7位、優勝、優勝、11位、優勝とずば抜けた結果を残している。今週は18年大会の永峰咲希を2打上回る大会記録の12アンダーだった。

 優勝会見の主な一問一答は以下の通り。

――今の気持ちは。

「また勝てて良かったなって思います(笑)。最初の9ホールは静かに少しずつ順位を上げられるようにと思ってプレーして、14番でバーディーを獲れていけるかなと思い始めた。2番で微妙な距離のバーディーパットを決められていい流れに乗れた。14番でバーディーを獲って差が開いてくれたのがよかったです」

――ショットメーカーのイメージ。アプローチ、パットもトータルでよかった。

「今年は去年に比べてパットがよくなってくれたのがよかった。今週はパーオン率がよくなかったけど、カラーでピンまで3メートルくらいの距離が多くて、それが入ってくれた。ショットも悪くないと思いながらプレーした」

――有観客で優勝。

「初優勝以外無観客だったので、久しぶりに皆さんの声援の中で勝つことができた。皆さんのひと押しがあったからだと思います。ギャラリーが多いほどいいプレーができると思うので、是非毎週入れるようになってほしい」

――東京五輪への思いは。

「変わらず出たい思いはあるけど、毎週上位にいて結果的に出られたらと思います。見えてきたという気持ちもなくて、目の前の試合を大事にしています」

――賞金ランクも3位に浮上。

「まだ今年は8試合しかやっていない。何があるかわからないので、常に賞金ランクはトップ5にはいたいと思います」

――スタート前に緊張はあったのか。

「私はいつも緊張はしないので、全然それはなかったです。特に相手が誰とか関係なく、自分のプレーをしっかりやって最後まで頑張ろうと思っていました。ティーショットはたまに曲がったりしていますけど、冷静にジャッジできたのが大きい。チャンスにつけたところをものにできたのが一番大きいです」

――パッティングで右脇を拳一つ分空けるようにしたとコーチが言っていたが。

「ストロークがよりよくなるように毎週努力している。そこがうまくハマってくれているなと思います」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集