[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみが「セリーナの後継者」になり得るワケ 米誌が称賛する「3つの力」とは

テニスの全豪オープンは20日、女子シングルス決勝で世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)が同24位ジェニファー・ブレイディ(米国)を2-0(6-4、6-3)で破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。昨年8月から2つの試合前棄権を挟み、21連勝と快進撃を続け、時代を築きつつある大坂に対して米メディアではセリーナ・ウィリアムズ(米国)の後継者としての可能性を探っている。

全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:Getty Images】
全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:Getty Images】

セリーナの後継者になれるのか、米誌が特集

 テニスの全豪オープンは20日、女子シングルス決勝で世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)が同24位ジェニファー・ブレイディ(米国)を2-0(6-4、6-3)で破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。昨年8月から2つの試合前棄権を挟み、21連勝と快進撃を続け、時代を築きつつある大坂に対して米メディアではセリーナ・ウィリアムズ(米国)の後継者としての可能性を探っている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

「ナオミ・オオサカの全豪オープン優勝への3つの思い」と題した記事で、大坂を特集しているのは米誌「スポーツ・イラストレイテッド」だった。3つの項目の中で、最初にフォーカスしたテーマが「セリーナの後継者」だ。

 大坂が憧れ続けてきたセリーナとは、今大会の準決勝で対戦し2-0のストレートで下している。本文では決勝での戦いぶりをセリーナと重ね合わせている。

「まだオオサカのピークではなかったとすれば、それに近いものだった。相手を重く、テンポに乗ったストローク、特にオフアングルのバックハンドで圧倒した。第1セットの小さなミスの後、彼女は自分のゲームをやってのけ、中盤で6ゲームを取り、チャンピオンらしく締めくくった」

 ブレイディに対して序盤はミスが出ながらも我慢強く戦い、第2セットでは一気に勢いに乗って4ゲーム連取。第1セットから6ゲーム連取した戦いぶりを伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集