[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パッキャオ、クロフォード戦へ42億円希望 比紙に注目発言「相手は10億円で満足すべき」

ボクシングの6階級制覇王者で、現WBA世界ウェルター級休養王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が、WBO同級王者テレンス・クロフォード(米国)との対戦について言及している。地元紙が伝えている。

マニー・パッキャオ【写真:Getty Images】
マニー・パッキャオ【写真:Getty Images】

パッキャオ―クロフォード戦実現へカギ握るのはアラム氏

 ボクシングの6階級制覇王者で、現WBA世界ウェルター級休養王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が、WBO同級王者テレンス・クロフォード(米国)との対戦について言及している。地元紙が伝えている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 2019年7月のキース・サーマン戦以来、試合から遠ざかっているパッキャオだが、クロフォードとのビッグマッチ実現へ向けて注目発言している。

 フィリピン紙「デイリー・トリビューン」によると、「パッキャオは当紙に対し、クロフォードと対戦するなら、自身は4000万ドル(約42億円)を得るに値すると話し、3月15日にドバイでの開催を目論んでいる、(クロフォードが)喉から手が出るほど欲しい試合では、クロフォードは1000万ドル(約10億円)を手にできれば満足すべきだ、と続けた」と報じている。

 パッキャオはクロフォード戦を行う条件として4000万ドルのファイトマネーが必要だとクロフォード側に提示しているようだ。

 これを受けてクロフォードをプロモートするトップランク社のボブ・アラムCEOも反応。同紙によると「マニー以外と話す必要はもうない」と話しているという。アラムCEOもかねてからパッキャオ―クロフォード戦を望んでおり、実現へ向けてのキーマンとなりそうだ。

 一方で記事では「しかし、もしアラムがパッキャオを説得できなければ、WBCとIBFの中心人物であるスペンスが堅実なプランBだ」と記しており、クロフォード戦が実現しなければ、WBC・IBF同級王者エロール・スペンスJr.(米国)も候補の1人となっているようだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集