[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、比嘉大吾に実力差証明 「僕にメリットない対戦」「レベルの差見せないと」

新型コロナウイルスと戦う医療従事者や患者を支援するボクシングのチャリティーイベント「LEGEND」が11日、東京・代々木第一体育館で行われた。スパーリング形式で行われる3分×3回のエキシビションマッチ。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(Ambition)が激突した。

ボクシングチャリティーイベント「LEGEND」に登場した井上尚弥(右)と比嘉大吾【写真提供:LEGEND実行委員会】
ボクシングチャリティーイベント「LEGEND」に登場した井上尚弥(右)と比嘉大吾【写真提供:LEGEND実行委員会】

ボクシングチャリティーイベント「LEGEND」

 新型コロナウイルスと戦う医療従事者や患者を支援するボクシングのチャリティーイベント「LEGEND」が11日、東京・代々木第一体育館で行われた。スパーリング形式で行われる3分×3回のエキシビションマッチ。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(Ambition)が激突した。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 ヘッドギアありでスタートした一戦。井上は素早いハンドスピードで手数を出すと、左フック、アッパーと多彩さを見せた。ノーガードでパンチをかわす場面も。さらにロープに背をつけたまま両手を広げ、打ってこいとジェスチャー。比嘉がパンチを繰り出す中、井上は打って返した。2回の途中からは井上が左構えにスイッチ。比嘉は2週間ほど前に参戦が決まったため、準備期間が少なかったものの、井上が余裕を見せながら技術の違いを見せつけた。

「自分の距離だけではなく、比嘉選手の距離でもやろうと思った。打ち合いもディフェンスもいろんな形を見せたいと思っていた。自分の動きにも満足したので、いい出来だったと思います。ガチといいますか、真剣度は100%です。ガチでも種類がある。本当に倒しに行くガチなのか、自分の距離を徹底するガチなのか。いろいろ組み合わせた。ガチというか、真剣度は100%です」

 比嘉はバンタム級に転向。現在の世界ランクはWBA8位、WBC14位、WBO8位としている。いずれ対戦する可能性もある両者が激突したエキシビション。井上は「正直、このスパーに僕にメリットはない。比嘉選手はどれだけやれるかというところ。その中で僕はレベルの差を見せないといけない。互角では自分の評価は保てない。今日のスパーはプレッシャーもあった。いい緊張感でした」と語った。

 さらに今後、脅威になりえるかという問いには「これからの成長具合では自分もウカウカしていられない。(比嘉が)そういう立ち位置に来て、ベルトを持つ選手になれば対戦も可能。楽しみにしています」と説明。自身の評価については「十分に見せられた。あとは見ている方がどう感じて、どう評価するかだと思う」と投げかけた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集