[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元世界王者レオン・スピンクス氏が67歳で死去 アリに勝利、アントニオ猪木との対戦も

ボクシングの元WBA・WBC統一世界ヘビー級王者レオン・スピンクス氏が癌のため5日(日本時間6日)に亡くなった。67歳だった。6日(同7日)にAP通信など、複数の海外メディアが報じている。1978年にモハメド・アリ(米国)を破り、世界的な名声を得た。

現役時代のレオン・スピンクス氏。左はモハメド・アリ氏【写真:AP】
現役時代のレオン・スピンクス氏。左はモハメド・アリ氏【写真:AP】

複数の海外メディアが報道

 ボクシングの元WBA・WBC統一世界ヘビー級王者レオン・スピンクス氏が癌のため5日(日本時間6日)に亡くなった。67歳だった。6日(同7日)にAP通信など、複数の海外メディアが報じている。1978年にモハメド・アリ(米国)を破り、世界的な名声を得た。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 広報会社による発表を伝えているAP通信によると、スピンクス氏は5日の夜に死去。前立腺癌を含め、複数の癌と闘病していたという。

 スピンクス氏はモントリオール五輪で金メダルを獲得。1977年に23歳でプロデビューし、翌年にデビュー8戦目でモハメド・アリに判定勝ち。WBA・WBC世界ヘビー級王座を獲得したが、翌年ダイレクトリマッチで判定負けした。

 1986年には日本でアントニオ猪木との異種格闘技戦のリングに上がり、その後はプロレスのマットにも参戦。ボクシングにも復帰したが、1995年12月の試合を最後に引退した。

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集