[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コロナ禍でも屈しない 集団感染の過去、天理大が示した危機からの“立ち上がり方”

全国大学ラグビー選手権決勝が11日、東京・国立競技場で行われ、早大に55-28で勝利を収めた天理大が初優勝を飾った。計8トライを奪い、決勝では歴代最多得点。1925年の創部以来2011、18年度に続く3度目の決勝で、1984年度に3連覇した同志社大以来となる関西勢36大会ぶりの日本一となった。コロナ禍で成し遂げた悲願の初優勝には、危機からの“立ち上がり方”が表れていた。

全国大学ラグビー選手権で初優勝を飾った天理大の選手たち【写真:荒川祐史】
全国大学ラグビー選手権で初優勝を飾った天理大の選手たち【写真:荒川祐史】

関西勢36大会ぶりVの価値、指揮官「関西のチームでも努力次第で日本一になれる」

 全国大学ラグビー選手権決勝が11日、東京・国立競技場で行われ、早大に55-28で勝利を収めた天理大が初優勝を飾った。計8トライを奪い、決勝では歴代最多得点。1925年の創部以来2011、18年度に続く3度目の決勝で、1984年度に3連覇した同志社大以来となる関西勢36大会ぶりの日本一となった。コロナ禍で成し遂げた悲願の初優勝には、危機からの“立ち上がり方”が表れていた。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 王者の防御を何度も切り裂いた。天理大は開始早々からフォワードの強さを生かして前進。前半3分、敵陣インゴール直前の右中央ラックから右に展開し、最後はCTB市川敬太(4年)がトライを決めた。フォワードがコンタクト勝負で競り勝ち、生まれたスペースに市川が走り込む。前半31、40分にもトライを奪うと、36-14の後半18分にもダメ押し。身長173センチの小兵が見せるスピードに、国立のスタンドは思わずどよめいた。

 決勝で一人4トライ。コロナ禍で“沸いてはいけない”観客を沸かせてみせた。「コロナで厳しい時もいろいろな方に支えてもらった。苦しくて逃げたい時も、応援してくれた人のためになりたいという気持ちになれました」と優勝までの道のりを振り返った。

 チームは8月に新型コロナに集団感染。次から次へと陽性者が出た。隔離で寮からも出られない。夏合宿もできず、練習を再開したのは9月。激動の1か月には中傷を受けることもあった。そんな部員の救いになったのは、天理市民や他の部からの支えだ。応援メッセージや元気づける動画が多数届いた。「日本一にならないといけない」。部員168人の結束力は、逆境でさらに固くなった。

 例年、関東のチームとの練習試合で実戦を積むが、今年度は思うようにいかず。それでも、11月の関西リーグで全勝優勝するなど、公式戦で修正力を磨いてきた。関西のライバル・同志社大は12月上旬に陽性者が出たため、今大会は出場辞退。天理大の優勝は関西勢にとってなおさら大きな意味を持つ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集