[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「カネロをPFP1位にしない人々はアンチ」 名伯楽レイノソ氏が持論を唱える理由

ボクシングで全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)。複数の海外メディアが独自に選出しているが、世界4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)がその多くで1位に君臨している。カネロのトレーナー、エディ・レイノソ氏はカネロを1位に評価しない人を「アンチ」と表現している。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

カネロこと、サウル・アルバレス【写真:Getty Images】
カネロこと、サウル・アルバレス【写真:Getty Images】

カネロのトレーナー、エディ・レイノソ氏がPFP議論に持論

 ボクシングで全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)。複数の海外メディアが独自に選出しているが、世界4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)がその多くで1位に君臨している。カネロのトレーナー、エディ・レイノソ氏はカネロを1位に評価しない人を「アンチ」と表現している。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 同メディアは「レイノソ:カネロをPFP1位にしない人々は“反カネロ”;彼はクロフォード以上のこと成し遂げた」と見出しを打って特集。本文では「アルバレスの最近の試合での、質の高いパフォーマンスはボクシングシーン.comのパウンド・フォー・パウンドリストで1位の座を掴んだ」と続けている。

 さらに「メキシコ人のスーパースターは、全米ボクシング記者協会(BWAA)、トランスナショナル・ボクシング・ランキング委員会(TBRB)、リング誌、ジ・アスレチックのPFPで栄誉に浴している」と複数の団体、メディアがカネロを1位に選出したことを伝えている。

 一方で「しかし、ESPNは異なる意見を持っているようだ。昨年末のランキングで、トップランクとテレビ放映契約をしているメディア会社は、テレンス・クロフォードをPFP1位に選んだ。アルバレスは2位だった」と米スポーツ専門局「ESPN」がカネロの上にクロフォードをランク付けしている現状を紹介。こうしたカネロを取り巻く“PFP事情”を前置きしたうえで、レイノソ氏のコメントを紹介している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集