[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ、見極め困難な“11球種同時再生”に米大反響「手品」「目が回りそうだ」

米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手は今季、日本人初のMLB最多勝を獲得。実力を示した1年で度々脚光を浴びたのが、多彩な変化球だ。米識者はダルビッシュが投じた11球種の映像を重ね、同時に再生した動画を公開。打者を惑わす様々な変化に、現地ファンからは「誰がこれを打てるんだ?」などと反響が寄せられていたが、「これは手品の域」「目が回りそう(笑)」などと驚きの声はさらに増えている。

ダルビッシュ有【写真:AP】
ダルビッシュ有【写真:AP】

ダルビッシュが投じた11球種を同時再生した映像を米識者が公開

 米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手は今季、日本人初のMLB最多勝を獲得。実力を示した1年で度々脚光を浴びたのが、多彩な変化球だ。米識者はダルビッシュが投じた11球種の映像を重ね、同時に再生した動画を公開。打者を惑わす様々な変化に、現地ファンからは「誰がこれを打てるんだ?」などと反響が寄せられていたが、「これは手品の域」「目が回りそう(笑)」などと驚きの声はさらに増えている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 打席で惑わされるのも頷ける映像だ。動画でダルビッシュの指先から同時に投じられているのは、左右に変化したり、逃げるように落ちたりしている11球種だ。球速も96マイル(約155キロ)のフォーシームから、ドロンと縦に割れる68マイル(約109キロ)のスローカーブまで様々。的を絞るのも難しいことが分かる、同時再生の映像となっている。

 実際の動画を公開したのは、MLBのアソシエイトプロデューサーを務めるアレックス・ファスト氏。自身のツイッターで「ダルビッシュが2020年に投じた全球種 どうでしょう、ダルビッシュ?」と文面に記して投稿している。

 映像に対し、現地ファンからは「誰がこれを打てるんだ?」「いやらしい投球だ」などと反響が寄せられていたが、「これは手品の域」「エグすぎる」「支配しているな」「超凄い」「目が回りそう(笑)」「神様、彼は人間じゃないよ」などとコメントはさらに増えている。

 34歳となった今季も凄みを見せたダルビッシュの変化球が、米国で未だに注目されているようだ。なお、動画内で紹介されている球種は下記の通り(スプリームのみ「?」付き)。

 ・フォーシーム(約155キロ)
 ・シンカー(約153キロ)
 ・スプリーム(約150キロ)
 ・ハードカッター(約146キロ)
 ・スプリット(約143キロ)
 ・チェンジアップ(約138キロ)
 ・ソフトカッター(約138キロ)
 ・ナックルカーブ(約135キロ)
 ・スライダー(約132キロ)
 ・カーブ(約127キロ)
 ・スローカーブ(約109キロ)

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集