[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、マロニー戦の鮮烈KOを“年間最高KO”5傑に英選出「残忍なフィニッシュ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2020年唯一の試合となったWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)戦で7回2分59秒KO勝ち。華麗な右のカウンターストレートでラスベガスを震撼させたが、英メディアの“年間最高KOランキング”で堂々の4位に選出されている。

ジェイソン・マロニーに7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】
ジェイソン・マロニーに7回KO勝ちを収めた井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】

右カウンターでマロニーを葬った瞬間に英メディア脚光

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2020年唯一の試合となったWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)戦で7回2分59秒KO勝ち。華麗な右のカウンターストレートでラスベガスを震撼させたが、英メディアの“年間最高KOランキング”で堂々の4位に選出されている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

「ボクシング。アンソニー・ジョシュアとガーボンタ・デービスを含む、2020年最高のノックアウト」と特集したのは英スポーツメディア「ギブミースポーツ」。2020年の年間最高KO試合のトップ5を選出。聖地ラスベガスデビュー戦を華麗に飾った井上は4位に選出された。

「もしも、ボクシングに関する知識で仲間を唸らせたいのなら、イノウエの残忍なフィニッシュを挙げればいい。20戦で17KOという日本のボクサーはWBAとIBAバンタム級チャンピオンだ。さらに事実を明かすと、高い権威を誇るリング誌のパウンド・フォー・パウンドランクで2位なのだ」

 さらには「高速の拳、幻惑のフットワーク、左右両方の拳でKO出来る能力の持ち主」と絶賛している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集