[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タイソンの“ベスト5戦”を英選出 91秒KOが1位、2位は「歴史に名を刻む左フック」

ボクシングの元世界3団体ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏は28日(日本時間29日)に元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズJr.氏(ともに米国)とのエキシビションマッチに臨む。週末のリング復帰を前に、英メディアはタイソンの“ベスト5戦”を選出。1位には無敗同士の対戦で、初回91秒のKO勝利を収めた1988年の試合が選出されている。

1988年スピンクス戦でのマイク・タイソン氏【写真:Getty Images】
1988年スピンクス戦でのマイク・タイソン氏【写真:Getty Images】

英紙が「タイソンの最もインクレディブルなKOトップ5」を選出

 ボクシングの元世界3団体ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏は28日(日本時間29日)に元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズJr.氏(ともに米国)とのエキシビションマッチに臨む。週末のリング復帰を前に、英メディアはタイソンの“ベスト5戦”を選出。1位には無敗同士の対戦で、初回91秒のKO勝利を収めた1988年の試合が選出されている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 英紙「ザ・サン」は「マイク・タイソンにとっての最もインクレディブルなKOトップ5」などと見出しを打って記事を掲載。かつてタイソンが披露したKO劇を1位から5位の順位をつけて紹介している。

 数々の名勝負の中から1位に選ばれたのは1988年6月27日、マイケル・スピンクス(米国)を挑戦者に迎えた一戦だった。無敗同士の対戦で、タイソンは初回からエンジン全開。強烈左アッパーに続き、右ボディーもくらわせて膝をつかせると、再び対峙してすぐ、今度は強烈な右フックをお見舞い。スピンクスは後ろ向きに大の字で倒れ、無情の10カウントとなった。

 初回91秒で勝利し、デビューからの連勝を35に伸ばした試合。同紙は「無敗記録を継続していたスピンクスをタイソンは91秒で倒した」「米国のKOスペシャリストは、誰もが認めるヘビー級王者を倒し、ファンを驚愕させた」などとつづっている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集