[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タイソンの“ベスト5戦”を英選出 91秒KOが1位、2位は「歴史に名を刻む左フック」

2位はバービック戦、3位は30秒でのKO勝利

 2位に選ばれたのは、タイソンが1986年に20歳で初めて世界タイトルを獲得し、ヘビー級史上最年少王者となったトレバー・バービック戦。左フックでダウンを喫したバービックが、立ち上がろうとするもふらつき、2度転倒する衝撃のKOシーンが生まれた試合だ。同紙は「タイソンは歴史に名を刻む左フックで追い打ちをかけ、バービックはリングの上に倒れた」などと紹介している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 3位は1986年、マーヴィス・フレージャーに初回わずか30秒でKO勝利した試合が選ばれている。同紙は「ヘビー級王者だったジョー・フレージャーの息子であるマーヴィス・フレージャーをタイソンは、わずか30秒で倒した」「これは彼のキャリアの中で最速のKOだったので、汗をかくことはなかった」などと記載している。

 4位には1990年のヘンリー・ティルマン戦、5位には1988年のラリー・ホームズ戦が選ばれた。久々のリング復帰で、タイソンがかつてのような豪快な姿を見せてくれるか注目だ。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集