[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦はゴールではない マロニーの野望「戦うだけじゃない。倒したと言いたい」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に挑戦するWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)。番狂わせを狙う豪州のファイターは井上戦を通過点に、2021年のビッグマッチに繋げたいと意気込んでいる。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】
ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】

米メディアがマロニーの意気込み伝える「井上戦は夢だった。しかしゴールではない」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に挑戦するWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)。番狂わせを狙う豪州のファイターは井上戦を通過点に、2021年のビッグマッチに繋げたいと意気込んでいる。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 マロニーにとってはこれ以上ないチャンスだ。「イノウエ戦は夢だった。しかしゴールではない」。同メディアはマロニーのコメントを見出しに取って報じている。

「長い間の夢だったんだ。その時(イノウエがドネアを倒した6日後に、ディクソン・フローリーズを相手に2回KO勝ちした時)はリゴンドーとソリスの勝者と戦いたいと思っていた。しかしそれは何らかの理由で実現しなかった。でもその代わりに自分の夢のファイトができることになったんだ」

 マロニーはWBA同級正規王者リゴンドーとの対戦を描いていたというが実現せず。だが、そのおかげで井上戦が叶ったと語っている。

「イノウエ戦は夢だったけど、それがゴールではない。これは2021年にビックマッチを続けるための入り口なんだ。だからこの試合を熱望していたんだ。ただあの偉大なイノウエと戦ったんだと言うだけの為じゃない。世界屈指のファイターを倒したんだと言いたいんだ」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集