[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

37歳ドネア、壮大な野望激白 英雄パッキャオに並ぶ6階級制覇「それが私の目標なんだ」

ボクシングの元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)は、12月12日にWBC世界バンタム級王者のノルディ・ウーバーリ(フランス)とのタイトルマッチを予定しているが、37歳のレジェンドは2010年以来というスーパーフライ級転向の野望を示しているという。その理由について、米メディアが報じている。

ノニト・ドネア【写真:荒川祐史】
ノニト・ドネア【写真:荒川祐史】

12月にウーバーリとのWBC世界バンタム級タイトルマッチを予定

 ボクシングの元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)は、12月12日にWBC世界バンタム級王者のノルディ・ウーバーリ(フランス)とのタイトルマッチを予定しているが、37歳のレジェンドは2010年以来というスーパーフライ級転向の野望を示しているという。その理由について、米メディアが報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ドネアは昨年11月、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会決勝で、WBAスーパー&IBF同級王者の井上尚弥(大橋)と壮絶な死闘を展開。判定負けを喫したものの、無敵のモンスター相手に健在ぶりを示したドネアは米メディアに野望を語ったという。

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」によると、ドネアは「私は115ポンド(スーパーフライ級)まで落としたいと未だに思っているんだ。そこでタイトルを取ってから、130ポンド(スーパーフェザー級)に上がる。可能だとも思う」と、ウーバーリ戦以降の展望について語っているという。

 WBSS参戦までフェザー級で戦っていたドネアだが、そこから3階級下のスーパーフライ級に減量し、更に4階級上のスーパーフェザー級初挑戦という驚愕のプランだ。なぜ2010年以来となるスーパーフライ級に再び挑戦したいのか。2つの理由があるという。

「イノウエと前回戦った時のウェートは117.5ポンドだった。実際は116しかなかったので、少しばかり多く水分を摂取したんだ。だから(スーパーフライ級の)体重を作ることに問題はない。5階級に自分の名前を刻みたいんだ。それができなかった唯一の理由は115ポンド(スーパーフライ級)では、誰もが私から逃げてしまったこと。だから、私はタイトルを手にできなかった」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集