[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥はPFP4位 米メディア独自選定でロペスは3位急浮上、ロマチェンコは7位転落

各メディアが独自に選定するボクシングで全階級のボクサーを格付けしたランキング「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」に動きがあった。17日(日本時間18日)に元世界ライト級3団体統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)がIBF王者テオフィモ・ロペス(米国)との4団体統一戦で判定負け。最も権威ある専門誌「ザ・リング」のPFPが世界的に最も浸透しているが、米専門メディア「ワールドボクシングニュース」は独自選定した最新ランクを発表している。

テオフィモ・ロペス【写真提供:Mikey Williams/Top Rank】
テオフィモ・ロペス【写真提供:Mikey Williams/Top Rank】

米専門メデイア「ワールドボクシングニュース」が最新PFP発表

 各メディアが独自に選定するボクシングで全階級のボクサーを格付けしたランキング「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」に動きがあった。17日(日本時間18日)に元世界ライト級3団体統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)がIBF王者テオフィモ・ロペス(米国)との4団体統一戦で判定負け。最も権威ある専門誌「ザ・リング」のPFPが世界的に最も浸透しているが、米専門メディア「ワールドボクシングニュース」は独自選定した最新ランクを発表している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 同メディアは「テオフィモ・ロペスの勝利に伴い、新たなパウンド・フォー・パウンドランキングを公表」と記事を掲載。独自選定でPFP2位にいたロマチェンコが7位に降格する一方、下馬場を覆したロペスが3位に急上昇した。4位のWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)を抜くジャンプアップだ。

 記事では「ロペスの衝撃以前、ロマチェンコは格付けで2位だった。今や7位に転落した。ロペスに関しては、ブルックリン出身のパンチャーはヘビー級王者タイソン・フューリーのすぐ下に鎮座した」と報じている。1位はカネロこと、4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)で変わらず。2位のロマチェンコが下がり、フューリーが2位、最年少で4団体制覇を果たしたロペスが3位にそれぞれ順位を上げた。

 リング誌のPFPが世界的に最も浸透しているが、ワールドボクシングニュースではロペスの勝利が評価されたようだ。ちなみに元世界3階級制覇王者・田中恒成(畑中)は14位、4階級制覇王者・井岡一翔(Ambition GYM)は16位。5位以降は下記の通りとなっている。

5位、エロール・スペンスJr.(米国)
6位、マニー・パッキャオ(フィリピン)
7位、ロマチェンコ
8位、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)
9位、テレンス・クロフォード(米国)
10位、オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集