[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タイソンが“同郷”ロペスに反応「もう一人の王者よ」 パッキャオらスターも続々称賛

ボクシングのIBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)した。下馬評を覆す番狂わせを起こし、史上5人目となる4団体統一の快挙を達成。今年最大級のビッグマッチを制したが、往年のレジェンドやスター選手がロペスを称賛している。

テオフィモ・ロペス(右)がワシル・ロマチェンコを破り、4団体統一の快挙を達成した【写真提供:Mikey Williams/Top Rank】
テオフィモ・ロペス(右)がワシル・ロマチェンコを破り、4団体統一の快挙を達成した【写真提供:Mikey Williams/Top Rank】

今年最大級のビッグマッチ、スターから相次ぐ称賛の声

 ボクシングのIBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)した。下馬評を覆す番狂わせを起こし、史上5人目となる4団体統一の快挙を達成。今年最大級のビッグマッチを制したが、往年のレジェンドやスター選手がロペスを称賛している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 停滞した展開からボディーを打つロペスに対し、ロマチェンコは小まめにパンチを当てていった試合。7回頃から試合が動き出し、8回にはロマチェンコが距離を詰めて手数を増やした。小刻みに動いてパンチをかわし、左右の拳を当て返しが、ロペスもなんとか応戦した。判定は3-0でロペスに軍配が上がった。

 試合後にスターたちがツイッターで反応した。一人は元世界ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン氏(米国)だ。文面に「間違いなくブルックリンの夜だった。(他の選手から見て)ロペスは倒すべき男だ。もう一人のブルックリンチャンピオンよ」と記して投稿した。2人は同じニューヨーク州ニューヨーク市のブルックリン区出身。同郷王者の王座戴冠劇に反応したようだ。

 6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)も「誰もが認める素晴らしいパフォーマンスをしたロペス、おめでとう」と称賛。さらにスーパーライト級で4団体を統一したWBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)も「ここ何年もトップランクには、ロペスはいい仕事をやってのける男だと言ってきた。今日の戦いのことをずっと言ってきたんだ」とつづっている。判定ながらロマチェンコを倒した勝者を称えているようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集