[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳古江彩佳、猛追及ばず2位 連覇ならずも「諦めない気持ちで最後まで戦えた」

女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディース最終日が18日、千葉・東急セブンハンドレッドC(6659ヤード、パー72)にて無観客で行われた。14位から出た20歳古江彩佳(フリー)が7バーディー、1ボギーの66をマーク。通算5アンダーまで伸ばしたが、優勝した申ジエ(韓国)に2打及ばず2位に終わった。申ジエは昨年のアース・モンダミンカップ以来となる通算25勝目。

古江彩佳【写真:Getty Images】
古江彩佳【写真:Getty Images】

富士通レディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディース最終日が18日、千葉・東急セブンハンドレッドC(6659ヤード、パー72)にて無観客で行われた。14位から出た20歳古江彩佳(フリー)が7バーディー、1ボギーの66をマーク。通算5アンダーまで伸ばしたが、優勝した申ジエ(韓国)に2打及ばず2位に終わった。申ジエは昨年のアース・モンダミンカップ以来となる通算25勝目。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 古江はこの日ベストスコアとなる66で回ったが、2打及ばず。今季2勝目はならなかった。それでも「諦めない気持ちで最後最終日を戦えたので、それがこの結果、6アンダーという数字を出せて良かったなと思います」と振り返った。

 8番でボギーをたたいた後はボールを変えて気分転換。後半も3つ伸ばして猛追した。ディフェンディングチャンピオンとして、富士通の契約プロとして、大会を盛り上げた。

「最初、初日が始まるときには、自分にプレッシャーを自分でかけていたなというのがしんどかったんですけど、最終日にはその意識がなくなって、気楽に回れました。(優勝は)できれば嬉しいなと思いながら回ってたんですけど、やっぱり2歩及ばずって感じなので、ちょっとそこは悔しいなと思います」

 古江は19歳で出場した昨年大会では国内史上7人目のアマチュアVを達成。今大会は2位に終わったが、9月のデサントレディース東海クラシックでプロ初勝利を挙げるなど、ゴルファーとしては着実なステップアップを遂げている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集