[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

黄金世代・吉本ひかるが暫定首位 15mパット沈めて初V前進「優勝したい気持ち強い」

女子ゴルフの今季国内ツアー3戦目のニトリレディス第2日が28日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と4打差の7位で出たツアー未勝利の吉本ひかる(マイナビ)が5バーディー、1ボギーの68で回って通算7アンダー。ホールアウト時点で暫定首位に浮上した。

通算7アンダーで暫定首位に浮上した吉本ひかる【写真:Getty Images】
通算7アンダーで暫定首位に浮上した吉本ひかる【写真:Getty Images】

ニトリレディス第2日

 女子ゴルフの今季国内ツアー3戦目のニトリレディス第2日が28日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と4打差の7位で出たツアー未勝利の吉本ひかる(マイナビ)が5バーディー、1ボギーの68で回って通算7アンダー。ホールアウト時点で暫定首位に浮上した。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 吉本は前半は9番で6メートルのバーディーパットを沈めるなど1つ伸ばすと、後半10番もバーディー。11番はピン手前15メートルからロングパットをねじ込んで3連続バーディーだった。13番でも1つ伸ばして7アンダー。「今回はパットもよかった。グリーンは柔らかいけど、(2週前の)NEC軽井沢72みたいに速くてやりやすい。(これまで)結果ばかりこだわり過ぎていた。結果も気になるけど、自分のプレーを楽しみながらやった」と振り返った。

 渋野日向子らと同じ1998年度生まれの黄金世代。2017年に下部ツアーで初優勝すると、レギュラーツアーでは昨年賞金ランク28位でシード権を獲得した。今季は開幕から2試合でともに予選落ち。ロングパットでショートする癖があったため、テークバックをしっかりとるように修正した。「ロングパットだけではなく、4メートルくらいのパットも入るようになった」と手応えを掴んだ。

 今季は2001年生まれの19歳・笹生優花(ICTSI)が初優勝するなど、下の世代が台頭してきたが「あまり気にしない」と集中。コロナ禍の自粛期間はトレーニングで体力強化。さらにアプローチ、パットのショートゲームにも重点を置いた。

 初優勝に向けて「パットで入れないといけないところで入れないと優勝はできない。去年に比べたら優勝したい気持ちが強くなっている。優勝を意識しながらやるのも凄く難しい。結果も凄く大事ですが、パットでしっかり距離を合わせて打つことと、あとは力を入れすぎずにプレーしたい。自分のプレーに集中できるようにやりたい」と先を見据えた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集