[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、カネロでもない メイウェザーが独自のPFP1位に選んだ“最強王者”は?

ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)が、全17階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)について言及している。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、最も権威ある米専門誌「ザ・リング」のPFPで現在3位にランクイン。米メディアが報じたメイウェザー氏の1位とは……。

フロイド・メイウェザー氏【写真:Getty Images】
フロイド・メイウェザー氏【写真:Getty Images】

元5階級制覇王者メイウェザーがPFP1位に言及

 ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)が、全17階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)について言及している。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、最も権威ある米専門誌「ザ・リング」のPFPで現在3位にランクイン。米メディアが報じたメイウェザー氏の1位とは……。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 メイウェザー氏のPFP1位は誰なのだろうか。無敗で現役を退いた元王者の言葉を報じたのは、米専門メディア「ボクシングシーン.com」だった。現在、カネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)が1位に君臨し、世界最速の3階級制覇王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が2位、井上が3位となっているPFP。記事によると、メイウェザー氏は英ロザラムのイベントに参加し、ファンとの質疑応答でこう話しているという。

「もし今、誰がNo.1のパウンド・フォー・パウンド・ファイターか言わなければならないとしたら、それは言えないな……。というのも、2人いるからだ。ボクシング界で最もエキサイティングなファイターなら、ガーボンタ・“タンク(戦車)”・デービスだ。アイツが一番エキサイティングだよ。今なら、あいつにボクシングというスポーツの最高にエキサイティングなファイターという称号を言い渡す」

 デービス(米国)はWBA世界ライト級正規王者。記事では「スポーツ界最高の『エキサイティング』なボクサーにはガーボンタ・デービスを選んでいる」と説明している。メイウェザー氏が手掛ける「メイウェザー・プロモーションズ」に所属する25歳。23勝(22KO)でKO率は驚異の95.7%を誇り、“メイウェザーの秘蔵っ子”として将来が期待されてきた。しかし、自身と関係が深い選手でもあり、ひいき目もあるだろう。同氏はこう続けている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集