[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、カネロでもない メイウェザーが独自のPFP1位に選んだ“最強王者”は?

PFP1位に同じ米国人を推薦「名前を挙げなければならない」

「パウンド・フォー・パウンドに関しては、テレンス・クロフォードの名前を挙げなければならない」

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 WBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)。メイウェザー氏はかつてスーパーライト級で4団体統一を果たした猛者を挙げたようだ。記事は「メイウェザー語る、『クロフォードがボクシング界最高のパウンド・フォー・パウンドだ』」の見出しで掲載されている。

 PFPとは全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したもの。各メディアでPFPが選定されているが、最も一般的なのがリング誌だ。同誌のPFPでは、昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会で井上が優勝すると、4位から世界3傑に入る快挙を達成。3位だったクロフォードは入れ替わって4位に転落していた。

 メイウェザー氏は36戦無敗の米国人サウスポーを推薦。上位勢に試合がないことから今年に入って動きのないPFPだが、今後の変動に注目だ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集