[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ワイルダー、フューリー戦の「第3戦権利行使」とアラム氏明言 7月中旬に最終決戦へ

ボクシングの元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)に敗れ、王座陥落した前WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)。“世紀の再戦”でプロ初黒星を喫したが、正式に契約オプションを行使し、7月にフューリーとの第3戦に挑むことになったという。米メディア「ボクシングニュース24」が伝えている。

デオンテイ・ワイルダーとタイソン・フューリーの再戦実現は濃厚のようだ【写真:AP】
デオンテイ・ワイルダーとタイソン・フューリーの再戦実現は濃厚のようだ【写真:AP】

フューリー陣営のアラム氏が言及「ワイルダー陣営が公式に通知してきた」

 ボクシングの元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)に敗れ、王座陥落した前WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)。“世紀の再戦”でプロ初黒星を喫したが、正式に契約オプションを行使し、7月にフューリーとの第3戦に挑むことになったという。米メディア「ボクシングニュース24」が伝えている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 29日に報じた記事によると、フューリーのプロモーターを務めるボブ・アラム氏が米メディア「リングサイド・リポーター・ライブ」のインタビューに応え、ワイルダーとの今後について言及。アラム氏は「ワイルダーと彼の代表団は昨晩、公式に再戦を受け入れたことを我々に通知してきた。7月になるだろう。7月中旬になるはずだ」と語ったという。

 ワイルダー陣営から第3戦の権利行使の表明を受けたことを明かしたアラム氏。フューリーについては3団体統一王者アンソニー・ジョシュア(英国)陣営から対戦オファーを受けているが、アラム氏はジョシュアのプロモーターを務めるエディ・ハーン氏に対して釘を刺したことも明かしている。

「私はハーンに言ったんだ。『フューリーとの試合を今年、行おうとするのはやめろ。君たちは6月にプレフと戦わなければいけないんだし、ジョシュアはKOされるぞ。プレフがジョシュアをKOすることを保証するよ。フューリーがKOしたように』ってね」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集