[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の前途は洋々 米ESPNがカシメロ戦後を展望「圧倒的な敵役に事欠かない」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。この試合を現地で中継することが濃厚な米放送局「ESPN」では独自のパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版を発表。4位に選出したモンスターについて、「最も破壊的なファイターの1人」と絶賛。「バンタムとスーパーバンタムでは圧倒的な敵役にこと欠かない」とファン垂涎のビッグマッチの連続になると予想している。

井上尚弥【写真:小倉元司】
井上尚弥【写真:小倉元司】

カシメロ戦中継予定のESPNが独自のPFP発表、井上は4位

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。この試合を現地で中継することが濃厚な米放送局「ESPN」では独自のパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版を発表。4位に選出したモンスターについて、「最も破壊的なファイターの1人」と絶賛。「バンタムとスーパーバンタムでは圧倒的な敵役にこと欠かない」とファン垂涎のビッグマッチの連続になると予想している。

【PR】20校中14校で採用 新春の駅伝で大流行していたボディメンテ ゼリーって?

 井上が共同プロモート契約を結んだトップランク社の米国内の中継プラットフォームはスポーツ専門のメガケーブル「ESPN」。同局は元リング誌のPFP1位アンドレ・ウォード氏ら識者が選んだ独自のPFPを発表しており、1位はライト級3団体王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、2位はWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)、3位は4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)が並び、井上は4位で続いている。

 そして、寸評では「26歳の日本のダイナモは4月25日、WBOバンタム級王者ジョンリエル・カシメロとの統一戦に向かい、ESPNのプラットフォームでトップランクデビューを果たすことになる」と次戦について紹介した上で、「ボクシング界で最も完成したファイターの1人」と称賛を付け加えている。そして、モンスターの今後を展望している。

「イノウエは強打のカシメロを倒すとして、バンタム級統一まであと1歩となる。WBCタイトル保持者のノルディ・ウーバーリは次戦ドネア相手にベルトを防衛する予定だ。どちらの選択肢もイノウエにとっていい選択肢に見える。ウーバーリは堅実で無敗のファイター。そして、イノウエとドネアは2019年最高の1試合の1つを演じたばかりだ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集