[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2戦連続強豪撃破のウィザーズ リーグ最下位のディフェンスが向上している理由

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は6日(日本時間7日)の本拠地セルティックス戦を鼠径部の打撲により11戦連続で欠場。黒のジャケット姿でベンチから試合を観戦した。ウィザーズは、この日もエースのブラッドリー・ビールを負傷で欠いたものの、現在東カンファレンス2位につける好調セルティックスを相手に99-94で勝利。4日(同5日)のナゲッツ戦に続いてアップセットを演じ、2連勝を飾った。

今日も試合に駆け付けた八村塁【写真:AP】
今日も試合に駆け付けた八村塁【写真:AP】

30試合ぶりに相手を100点以下に抑えて勝利

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は6日(日本時間7日)の本拠地セルティックス戦を鼠径部の打撲により11戦連続で欠場。黒のジャケット姿でベンチから試合を観戦した。ウィザーズは、この日もエースのブラッドリー・ビールを負傷で欠いたものの、現在東カンファレンス2位につける好調セルティックスを相手に99-94で勝利。4日(同5日)のナゲッツ戦に続いてアップセットを演じ、2連勝を飾った。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 ウィザーズディフェンスが30試合ぶりに相手を100点以下に抑えた。ここまで1試合平均120.1点を対戦相手に献上し、この部門でリーグ最下位に位置しているウィザーズディフェンスがこの試合では機能。ケンバ・ウォーカーを欠いたものの、ジェイソン・テイタムやゴードン・ヘイワードなどタレントの揃うセルティックスに94点しか与えず、11月4日のピストンズ戦以来に相手を100点以下に抑えて勝利した。

 特にこの試合の第1クォーター(Q)ではセルティックスに17点しか許さず波に乗ると、一度もリードを奪われることなく試合を終えた。なぜ第1Qでディフェンスが機能したのか聞かれたウィザーズのスコット・ブルックスHCは、その理由の一つがオフェンスにあることを明かした。

「オフェンス面で大胆過ぎなかったことも助けになったように思う。いいショットや良い状況を作り、パスもよく回った。そしてイシュ・スミス率いる“大胆に”プレーするグループがコートに入り、ハードにプレーした」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集