[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、「2020年実現可能な注目マッチ」11傑に選定 米メディアが選んだ相手は…

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に対し、海外からは大きな期待が寄せられている。米メディア「ボクシングシーン.com」は、井上とWBC同級王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)の対戦を今年実現可能なトップファイトの1つとして選定。昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)で優勝を果たしたモンスターに注目している。

井上尚弥【写真:浜田洋平】
井上尚弥【写真:浜田洋平】

WBC王者ウーバーリとの統一戦について言及、次戦は4月25日が有力

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に対し、海外からは大きな期待が寄せられている。米メディア「ボクシングシーン.com」は、井上とWBC同級王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)の対戦を今年実現可能なトップファイトの1つとして選定。昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)で優勝を果たしたモンスターに注目している。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 WBSS決勝でノニト・ドネア(フィリピン)を死闘の末に破り、多くの海外メディアから称賛を集めた井上。その次戦に注目が集まる中、「ボクシングシーン.com」は「2020年に実現可能な11のトップファイト」と銘打ち、井上VSウーバーリをその1つに選定している。

 記事では「モンスターが122ポンドに昇級したら何が起こるか誰にも分からない」と井上のスーパーバンダム級転向の可能性に触れながら「イノウエとウーバーリの試合は行われるだろう。イノウエは最近トップランク社と契約した。これは今後の試合がアメリカで行われることを意味し、ESPNで放映される」とWBC王者との統一戦について言及した。

 さらに「イノウエはWBSS決勝が行われた日本の埼玉でノニト・ドネアを打ち負かした。同じ日、ウーバーリはタクマ・イノウエに対してWBCタイトルを防衛した」と暫定王者だった弟・拓真(大橋)に正規王者として勝利したウーバーリとの因縁についても触れている。

 記事では他に、ミドル級のカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)とスーパーミドル級のカラム・スミス(英国)、ミドル級のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)―デメトリアス・アンドラーデ(米国)戦、ウェルター級のテレンス・クロフォード(米国)―ショーン・ポーター(米国)戦などが挙げられていた。

 井上の次戦は4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスで開催されることが有力視されている。井上自身はかねてからWBO同級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン)との統一戦をターゲットとして公言している中、モンスターが誰と戦うことになるのか、注目だ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集