[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2戦連続強豪撃破のウィザーズ リーグ最下位のディフェンスが向上している理由

スミスはコミュニケーションの重要性を強調

 2日前のナゲッツ戦でキャリアハイの32得点をマークしたイシュ・スミスは、この日も持ち前の鋭いドリブルで相手を翻弄。27得点をマークし、勝利の立役者となった。そのスミスも今日のディフェンスには手応えを感じたようで「成熟してきている」と語り、試合序盤に機能したディフェンスの裏には、ディフェンシブコーチのマイク・ロンガバルディ存在があることを明かした。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

「第一に僕らは若いチームだ。だから、今それを習得してきている。ディフェンス面で一番大きいのはコミュニケーション。コミュニケーションとトランジションディフェンス。その2つを今やっている。ハーフコートに入ったら、コーチが言うように“自分の持ち場を守らなければいけない”。基本的に相手をガードしてタフショットを強要する。良くなってきているし、その部分は成熟してきている。まだ成長段階だが、確実に進歩している」

 タレント豊富なセルティックスを100点以下に抑えたことは、ウィザーズにとって非常に大きな意味を持つ。ブルックスHCも「このチーム(セルティックス)はイーストで2位のチームであり、オールスターに選ばれる可能性のある選手が3人いる。ケンバ(・ウォーカー)を欠いていたけれど、過去3、4年そうであったように、チャンピオンシップを争うチームだ。我々が今夜見せた精神が好きだし、これを継続しなければいけない」と満足感を示した。

 エースのビールを欠いた試合で3勝2敗と好成績を残しているウィザーズ。その3勝はヒート、ナゲッツ、セルティックスと各カンファレンス上位のチームを相手に手にしたもの。各選手が自分の仕事をこなし、チームが攻守両面でスムーズに機能している今、エースが復帰した際にどのようなローテーションを組むだろうか。ブルックスHCにとっては、嬉しくもあるが頭を悩ます問題となりそうだ。

(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)


W-ANS


1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集