[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「体を大きくしたい」中高生に大切な補食 1番目に摂るべきは「練習後」2番目は?

栄養・食事の観点からジュニア世代の成長について指南する、「THE ANSWER」の保護者向け連載「強い子どもを育てる ミライ・アスリートの食講座」。プロ野球・阪神タイガースなどで栄養サポートを行う公認スポーツ栄養士・吉谷佳代氏が講師を務め、わかりやすくアドバイスする。第21回は「補食」について。

「体を大きくしたい」中学、高校生の補食に「おにぎり」が断然おすすめのワケとは
「体を大きくしたい」中学、高校生の補食に「おにぎり」が断然おすすめのワケとは

連載「強い子どもを育てる ミライ・アスリートの食講座」第21回

 栄養・食事の観点からジュニア世代の成長について指南する、「THE ANSWER」の保護者向け連載「強い子どもを育てる ミライ・アスリートの食講座」。プロ野球・阪神タイガースなどで栄養サポートを行う公認スポーツ栄養士・吉谷佳代氏が講師を務め、わかりやすくアドバイスする。第21回は「補食」について。

 ◇ ◇ ◇

 成長期にあたる中学、高校生の選手たちやご家族の栄養相談を受ける際、とても多い相談が「体を大きくしたい」というものです。

 体を大きくしたい場合、現在の体重に合わせたエネルギー摂取量(食事の量)では、いくら筋トレに励んでも、体重や筋肉量は増えません。つまり「体が細い」「トレーニングをしても筋肉がつかない」という場合、まずは食事の量を見直す必要があります。

 では、運動部に所属する中学・高校生の場合、平均的にどのぐらいの食事量が必要でしょうか? 例えば、体重70~80kgの野球部の高校生であれば、筋トレに力を入れる体作りの時期には1日3000~4000kcalが必要です。競技種目や運動量により多少、必要なエネルギー量は変わりますが、運動部の子どもは、だいたい、同年代の一般的なお子さんや大人と比較すると、1.5~2倍ぐらいの食事量になります。

 たくさんのエネルギーが必要である一方、成長期の子どもの内臓は未成熟のため、消化・吸収の力、代謝の力は、大人よりもやや下回ります。ここが、「体を大きくしたい」という子どもの難しい点。たくさんの食事を無理矢理に詰め込むと、内臓に負担がかかり、消化・吸収もうまくいきません。特に夕食時の食べ過ぎは注意。消化に時間がかかるため、就寝中に内臓をしっかり休ませることができず、起きた時にも疲れが取れていないといった問題が生じます。

 食べたものをしっかり体に取り込むには、内臓への負担をなるべく軽くして、消化・吸収を促すことが大切です。そのためには、1日の必要なエネルギー量を、朝・昼・晩の3食に無理矢理詰め込むのではなく、食事の回数を増やして、1回に食べる量を少なくする食べ方が適切。3食の食事+足りないエネルギーや栄養を補う少量の食事、「補食」を組み合わせると、体に負担なく、必要な食事量を食べられます。

1 2 3

吉谷 佳代

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

江崎グリコ株式会社で健康食品開発や、スポーツサプリメントの研究開発に従事。その傍ら、多くのアスリート、学生スポーツ、ジュニアへの栄養指導、食育イベントに携わる。2013年に独立。以降、ジュニアからトップアスリートまで幅広い競技の選手に対し、栄養サポートを行う。現在、プロ野球・阪神タイガース、実業団女子バレーボール・JTマーヴェラスのチーム専属栄養士。過去には、シスメックス女子陸上競技部(2015~2020年)、Bリーグ・西宮ストークス(2014~2017年)、自転車ナショナルチーム(2013~2018年)をはじめ多くのプロ選手やジュニア選手の栄養サポート実績を持つ。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集