[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本のスポーツチームの新たな社会貢献の形 ラグビーの強豪が産官協同で食育イベントを行う理由

近年、スポーツチームの社会貢献・地域貢献活動が全国各地で盛んだ。昨年、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園ラグビー場で開催され、成長期の子どもたちに向けた食育イベントもその一つ。本イベントはラグビーリーグワン、埼玉パナソニックワイルドナイツの協力、熊谷市と埼玉県の後援のもとで開催。スポーツに取り組む子どもとその保護者を中心に、公募により約100名の県民が参加した。

イベントではJAくまがやに協力を得て地元産の米や農作物を使った「スポーツ弁当」を参加者に提供【写真:編集部】
イベントではJAくまがやに協力を得て地元産の米や農作物を使った「スポーツ弁当」を参加者に提供【写真:編集部】

埼玉パナソニックワイルドナイツと熊谷市・埼玉県が手を組んだ食育イベント

 近年、スポーツチームの社会貢献・地域貢献活動が全国各地で盛んだ。

 昨年、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園ラグビー場で開催され、成長期の子どもたちに向けた食育イベントもその一つ。本イベントはラグビーリーグワン、埼玉パナソニックワイルドナイツの協力、熊谷市と埼玉県の後援のもとで開催。スポーツに取り組む子どもとその保護者を中心に、公募により約100名の県民が参加した。

「スポーツを通じた食育はワイルドナイツとしても、ラグビーリーグワンの他のチームも取り組んでいるが、産官協同での取り組みとしては少ない。本イベントは、ゴール設定を明確にし、熊谷市、埼玉県の後援を得て開催したことに意味がある」。このイベントの発案者であり、ワイルドナイツの栄養サポートを行う、公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏は話す。

「今回の目的は2つ。1つ目はスポーツをする子どもと保護者の方たちに、栄養バランスのよい食事について学ぶ機会を提供すること。もう一つは、健康や環境に配慮した食生活への理解の向上。

 食料自給率が4割を切る日本では、気候変動や世界情勢も相まって、生産減少や食料の安定供給に対する不安が高まっている。スポーツを通した食育により、健康の維持・増進につなげるだけでなく、地産地消の重要性や環境に配慮した食生活を伝えたい」

98年よりスポーツを通した食育活動を続ける、橋本公認スポーツ栄養士。「スポーツを通じて、地産地消の重要性や環境に配慮した食生活を伝えたい」【写真:編集部】
98年よりスポーツを通した食育活動を続ける、橋本公認スポーツ栄養士。「スポーツを通じて、地産地消の重要性や環境に配慮した食生活を伝えたい」【写真:編集部】

 イベントは主に座学、そしてワイルドナイツと7人制女子ラグビーチーム、アルカス熊谷の選手による座談会で構成。座学では選手やチーム関係者も一般参加者と机を並べて、スポーツ栄養やチームが拠点を置く熊谷市の農産物についての講義を受けた。

「選手やチーム側が参加者に歩みより、同じ目線で参加することで、子どもたちや家族の熱意を実感できる」(橋本氏)

 橋本氏が「スポーツと食」をテーマに食育活動をスタートしたのは、1998年。当時、下部組織からトップチームまで栄養サポートを担当したJリーグ横浜・F・マリノスでの経験、そしてマリノスと横浜市教育委員会が小・中学校で実施した「サッカー食育キャラバン」がきっかけだった。

「毎年、プロを目指す小・中学生を対象に食育セミナーを開催していたが、例えば中村俊輔さんなどはこちらがお願いしなくとも、会場に立ち寄り、下部組織の子どもたちに食事の大切さを伝えていた。

 憧れのトップチームの選手の一言で子どもたちの意識が変わり、食の細い子、好き嫌いの多い子も、米や野菜、魚などを積極的に食べるようになる。“あの選手のように強くなりたい”という気持ちの影響は大きい」

1 2 3 4
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集